2007年06月04日

価値感

昨日、某廉価衣服店にて、嫁がキャミソールを手に取り考え込んでました。数分にわたる熟考の末、清水の舞台から飛び降りるかと思えば、さり気なく何も無かったかように棚に返していました。その価格700円そこそこ。

「おいおい!買えばえんやん」と突っ込んだ10分後、今度は自分が別の某チェーンにて特価中の男性下着(3枚で2000円そこそこ)を何度も手にとっては棚に戻し、考えに考えて購入断念。無意識に同じことをしている自分に気が付きました。

二人してクロスロードに立ち悪魔に魂を売るべきか否かを悩む黒人ブルースマン並に考え込んだ末、共に選んだ道は回避。まあ、それが何百万の買い物なら別ですが、たかが1000円、2000円のものです。

自分は同じ2000円でもCDならば一瞬の迷いも無く無条件にひれ伏しているでしょう。嫁も同様に限定モノSWEETSならば何の迷いなく購入しているはずです。例え値段が同じであっても、興味の対象によって価値観は異なり、価格は各々の相対的なもの。二人揃って、ココには金を惜しまないけれど、それ以外は徹底してケチるという偏った合理主義に囚われているのでしょうか?確かに関西人的な意地汚さ故と思いながらも、いつも日常的に値段と価値を比較しています。TIPOGRAFIAの420円のコーヒーは客観的安いのか、高いのか?と自問自答します。でも金に糸目をつけない即無条件降伏な対象があります。それぞれ対象は異なり、自分はディスクであり、嫁は食べ物なのです。資本(軍資金)の集中投下の法則です。価値観はどこまでも相対的であり個人的な、決して比較検討できない世界なのですね。
posted by 焙煎師TIPO at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年06月03日

GRAZYNA AUGUSCIK

149.jpg

北欧や東欧のマイナーなジャズヴォーカルを聴いていて、最大の難関は名前です。読めない、覚えられないと記憶回路が拒否反応を示します。英語の綴りとは作法が異なるアルファベットの羅列とアクセント記号が「もうええちゅうねん!だから何と呼んで欲しいねん!」と突っ込みを入れたくなり、ジャケットでしか個別認識できません。例えばこのアルバムなら、「あの青い顔のジャケのやつ」とか。

前後しましたがポーランドのジャズ女性シンガーGRAZYNA AUGUSCIKの『RIVER』です。

決して叫ばず、呟くような澄んだ声と歌詞よりもスキャットに解体して、VOCODERを使って楽器化する女声が気色良い。

既存曲(辛うじてスタンダード?)の変わったチョイスもいけます。まず目を惹くのはブラジルの作曲家VILLA-LOBOSの“ブラジル風バッハBACHIANAS BRASILEIRO No.5”。バロックなアコーディオンをバックにささやかれる声にピリピリ来ます。この曲だけで即買い(もう買ってるちゅうねん)、座布団2枚プレゼント。その他EGBERTO GISMONTI(2曲)にTERRY CALLIER、EUGINE McDANIELS、KENNY GARRETTと全く一貫性の無いようなラインナップですが、点に見えても、実は線として面として根幹で繋がっているアルバムです。

TERRY CALLIERとのデュエット曲の距離感、自作の曲なのにでしゃばらず、さり気なく寄り添うの声がお見事。男女のデュエットには、対等に向かい合い喧嘩のごときデガチンコ勝負もいあれば、ボケと突込みの漫才のような掛け合いもあります。好きなのは『DOMINGO』のGALとCAETANOの様な付かず離れずの絶妙な距離感。決してベタベタしないけど、どこか繋がっていて「絶対こいつらなんか何かあるでぇ。付きあっとるんちゃうけ」と邪推させる様な距離感が一番です。

意外に聴き所満載の2001年傑作アルバムです。アタリ!
posted by 焙煎師TIPO at 11:24| Comment(0) | TrackBack(0) | musica

2007年06月02日

STANDARD

「なあ、オリジナルばっかりやったら、インパクト薄いし、スタンだーでも演っとか。何かええのない?何か、こう、グーとハートをわしづかみするような奴……」


……てな会話がされたかどうかは知りませんが、無名のアーティストにとってライブやCDにはスタンダードは欠かせません。ヘタはオリジナルをだらだら聴かせられるより、スタンダード。元来ジャズは作曲よりもその場の演奏を重視、楽曲の解釈に重きを置く傾向が顕著です。BENNY GOLSONのように、自ら書く曲が他人のスタンダードとなるのに、自作自演が闇に葬られるといった薄幸な人もおりますが、大物ジャズメンでも自作意外にお抱えのスタンダード曲(例えばJOHN COLTRANEの“MY FAVOURITE THINGS”など)を有します。ブラジル音楽も同様に、老若男女、有名無名と問わずスタンダード(ルーツ的な古典)を大切する傾向があります。

スタンダードにも流行り廃りはあります。でも古くからジャズメンのスタンダードの王道といえば、文句なしにCOLE PORTERとGEORGE GERSHWINに決まり。全ての曲がスタンダードといっても過言でなく、少々演奏やアレンジがボロボロでも名演に聴こえるから不思議。レパートリーに苦しくなったら、ライブで盛り上げたいなら、無難にCALL COLE!という必殺技です。すべて丸ごとCOLE PORTERでも難なく成立するほどのヴァリエーションです。

現在、それに匹敵する作曲家といえば、THE BEATLES、BURT BACHARACHそしてANTONIO CARLOS JOBIMでしょうね。JOBIMなんかは死後年々も経つのにトリビュートアルバムが絶えることなく出ており、全ての楽曲が一度でも聴くと、残滓を刻み込むメロディーで溢れています。余りにも定番であるが故に、まあアレンジをチョイチョイと適当にいじれば、ハイ、1曲完成!という感じ。ジャズメンのJOBIMは大体予測が付くもんです(以前にも紹介したWAYNE SHORTER“DINDI”なんかは稀に見る例外)

では、動かざる大物に続く作曲家としては

 STING、PRINCE、BILLY JOEL、PAUL SIMON、BOB DYLAN

あたりでしょうかね。王道を外し「おお!そうきたか!」と狙らいたいなら、NIRVANA、RADIOHEADあたり。最初程衝撃は無いけど、ピアノでのNIRVANAのカバーなんかは密かに流行っているのでは?(←HIPな意外性を狙いすぎてズタボロアレンジも多いのですが……)

では次のスタンダードのネタは?

個人的にはCAETANO VELOSOやPAUL WELLERの楽曲をピアノトリオでぐちゃぐちゃに解体たり、クールな女性ヴォーカルでスイングして聴きたいものですね。
posted by 焙煎師TIPO at 12:40| Comment(0) | TrackBack(0) | musica

2007年06月01日

100% CHOCOLATE CAFE

カカオ(チョコレート)とコーヒーはどちらも母は大地で父が異なる異父兄弟(姉妹)みたいなモンです。産地である国々も共通し、焙煎した豆を加工して楽しむ点も同じです。甘いチョコをつまみにビターなコーヒーを楽しむ、など相性の良さは言わずとも知れたことです。良質なコーヒーは良質なチョコレートの味わいを醸し出すなど、味わいの相関性も明確。小腹が空いて血糖値の下がった夕方、甘いものに執着のない店主ですら、チョコレートを欲することがあります。空腹時に摂取したチョコが体内に拡散していく快感は至福です。


choco1.JPG

東京京橋にある、明治製菓直営の“100%CHOCOLATER CAFE”です。店内には世界各国のチョコレートがディスプレイされと365日日替わりチョコとドリンクが楽しめます。原色を基調にタイポグラフィを配したデザイン(GROOVE VISION風?)が目を惹きます。子連れのカップルの脇でビジネス街という場所柄なのかスーツ姿の男性客が密かにチョコを楽しんでいるといったゆるい空気が意外に心地よいものです。すべてはチョコレートのため!そんな店もありなんだ、という感じ。
posted by 焙煎師TIPO at 13:09| Comment(0) | TrackBack(0) | うろうろ

2007年05月31日

本日営業中

本日は営業中です!

一部の常連さんのコーヒーの蓄えを食い潰し、コーヒーなしの生活を強いるなどご迷惑をおかけいたしましたが、本日より通常通り営業しております。電話も繋がりますので、いよいよ来週に迫った中川ワニ氏の3回目のジャズと珈琲漫談会の予約受付もいたします。まだ大丈夫です。お早めにどうぞ。

さてさて、巣鴨(珈琲サイフォン)でニューフェイスの生豆も漁ってきました。近いうちに店頭デビューを控えていますので、こちらもお楽しみに。

間違いなく本日は営業中です。
     ………ひつこい、もうええちゅうねん。
posted by 焙煎師TIPO at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | お店

2007年05月30日

CAFE do CENTRO

一応旅の定番、同業店舗巡り。
日比谷のブラジルカフェ「CAFE do CENTRO」です。
サンパウロの名店のイメージを再現した店だそうです。
“CAFE DO BRASIL”をショルダーにうたうTIPOGRAFIAとしてはしっかりおさえとかなきゃならんでしょう。

ランチタイムのためサラリーマンのオヤジが一杯でしたが、確かに少しだけブラジルぽかった。コーヒーは………?
posted by 焙煎師TIPO at 10:42| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

2007年05月29日

MARISA MONTE

渋谷オーチャードホールのMARIS MONTEです。
噂通りのいいライブでした。

MARISAを含む10人編成の大所帯ですが、アーティストの美学に基づいた引き算の演奏は見事です。必要に応じて楽器を弾かないで待機したり別の楽器にスイッチする、だらだらと自意識垂れ流しのソロを取らないなど、あくまでもMARISAの声(唄)を聞かせることに徹しています。時折、楽器と声が一体になり共鳴したような空気感を生みます。リズム楽器と複数の弦楽器のアンサンブルはいかにもブラジル的でやはり鳥肌もの。前半はストイックに、そして後半にかけては音が拡散していくように徐々に盛り上がってきましたね。

るんるん詳しい曲目はコチラをどうぞ。

ただ後半、ステージに駆け寄りフラッシュをたいたカメラ撮影が目立ち、音に集中できない状態(巨大な一眼レフサイズのカメラを抱えてきたオヤジには怒りを越え、脱力するしかない)。「皆がやってるから私もいいかな?」と便乗する日本人客も続出してさらに最悪の状況。音を聴きに来て、演奏そっちのけで写真撮影することにいったい何か意味があるのだろうか?これはライブ会場における同時多発テロ!一気に不快感と怒りに駆られて収集が付かない状況でした。まあ、悪い側面は忘れて、素晴らしい音のみ携えて、切り替えます。
posted by 焙煎師TIPO at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | BRASIL

2007年05月28日

Hanako 

hanako.jpg

本日発売の『Hanako West』7月号のボサノヴァ特集でTIPOGRAFIAが紹介されております。こっ恥ずかしいのでマジマジと読むことができません。代わりに皆様がご覧になって、突っ込んでやって下さい。

位置情報お知らせの通り、本日は営業中!でも明日と明後日は臨時休業いたします。(ひたすら意地なっている)毎日更新ブログは後日まとめて更新します。
posted by 焙煎師TIPO at 12:22| Comment(0) | TrackBack(0) | お店

2007年05月27日

明日は営業しています

定休日の月曜日ですがなぜか、明日は営業しています。しっかり商い商い!

代わりに火曜日(29日)と水曜日(30日)は臨時にお休みいただきます。

ということでバシバシご来店をお待ちしております。月曜日が定休日の同業者(サービス業)の方々も今日ならTIPO体験できますので、このチャンスを見逃すな(なんのこっちゃ?)。店内では終日MARISA MONTEが繰り返し流れていることでしょう。翌日の渋谷オーチャードホールの予行演習です。


   …………勝手をいたしますがどうかお許し下さい。
posted by 焙煎師TIPO at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | お店

焙煎ほど素敵な商売はない

焙煎機でいじれるところと言えば、

(1)ガス圧(火加減)

P1010399.JPG

(2)ダンパー(煙突と繋がった排気の調節弁)

P1010400.JPG

しかありません。

もっと、いろいろいじって華麗に舞うが如く調節したくても何もありません。豆とにらめっこしながら、火加減と排気調節をするしかありません。錬金術のような門外不出の呪文もなければ、ニトロを使ったターボーチャージャーもなく、ナノテクノロジーとも無縁の至極単純な作業です。多分、普通に車を運転する方が複雑かつ多岐にわたる調節が必要なはずです。

しかし……!

ものの見事に焙煎する人によって味わいが異なります。
ある意味、恐るべき単純作業です。投入から煎り止めまで焙煎工程の組み立て方ひとつでコーヒーの個性が生まれます。シンプル故に奥深い作業です。だから焙煎はやめられません。これは店主だけの密かな楽しみです。声高々に

 焙煎ほど素敵な商売はない! THERE'S NO BUSINESS LIKE ROAST BUSINESS!

と叫びたくなります。さ、皆様もご一緒にどうぞ!
posted by 焙煎師TIPO at 12:37| Comment(2) | TrackBack(1) | コーヒー