2007年04月24日

GWの営業

ゴールデンウイークの営業のお知らせです。

  5月1日(火)の休業

となります。

通常通り、月曜日定休、祝日の場合は翌火曜日です。
(連休明け5月7日は通常通りの休業となります)

皆様にとって心ウキウキでゴールデンな週間であることを祈ります!

そしてTIPOGRAFAIにとってもゴールデンであれば、WIN-WINでいいな。
posted by 焙煎師TIPO at 10:56| お店

2007年04月20日

キラキラ

P1010332.JPG

庭の緑色と吹く抜ける風が気持ちよかったので、窓を開け放してみました。朝夕はまだまだ寒いのですが、昼間はまことに気持ちよい季節ですね。不思議なもので通年で焙煎が一番気持ちよく仕上がるのもこの季節です。なぜか、煎りあがってきた豆もおもちゃを前にした子供の目のようにキラキラさせて輝いています。

さてさて、BRASILニュークロップスタンプラリーは5月6日まで継続中です。ついにコーノ式円錐型イエローフィルターをゲットされた方が登場しました。ただいまのラインナップは………

 マリオ・ワタナベさんのコーヒー
 ガルシアのブラジル
 アントニオの唄


の3農園です。顔ぶれは随意入れ替えていきますので、お手元応募用紙と見比べて下さい。どうぞ、おいでやすぅ。
posted by 焙煎師TIPO at 12:44| お店

2007年04月17日

ちょっと、お知らせ

本日、吹田の人気ベーカリー「シュクレクール」の食パンでトーストを提供しています。絶品です!パン好きの方はコーヒーと一緒にどうぞ。

P1010331.JPG

まだ少し肌寒い今日この頃ですが、体感温度がhotな人には人気の水出しアイスコーヒーのテイクアウトを始めました。店内同様、限定品とはなりますが、お散歩の途中にテイクアウトして公園で楽しんだりもできます。どうぞご活用下さいね。

ちなみに価格はお店より少しだけお得な350円です。
posted by 焙煎師TIPO at 11:21| お店

2007年04月11日

富山から愛をこめて

P1010313.JPG

以前にも紹介した富山の情報誌『Takt』5月号にTIPOGRAFIAをご紹介いただきました。特集「春の休日ドライブ計画」で安曇野、金沢、飛騨古川、氷見そして北摂への旅が紹介されています。

P1010314.JPG

迎える大阪勢はお馴染みのSHEEP★SHEEP、Bistro HIKITAなどなど、ご近所さんがいっぱいの誌面です。凱旋公演みたいな不思議な気分です。多分入手は困難なので店内でご覧下さい。
posted by 焙煎師TIPO at 11:08| Comment(0) | TrackBack(1) | お店

2007年04月05日

CHANGES

P1010312.JPG

DAVID BOWIEじゃなくても「チェ、チェ、チェ、チェ、チェインジーズ!」と唄いたくなります。季節が変わって、TIPOGRAFIAも変わります。

連休までにメニューをサマーシ−ズン向けを中心に全面刷新します。開店以来、マイナーチェンジを繰り返してきましたが、今回は革命です。多少の投資も覚悟の上で大きく見直します。そのため、日々葛藤を繰り返してます。何とか、間に合わせたいものです。
posted by 焙煎師TIPO at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | お店

2007年04月03日

鯉のぼり

P1010311.JPG

今年も昨年に引き続き、鯉のぼりの木工作品を販売したします。

店内の木工動物を手がけた山崎画伯による手作りです。一点ものですので全て形が異なります。部品は差込式ですので、シーズンが終わって片付ける時はバラバラにできます。2品限定、3600円也。

気が付くと、1年が経っていたのですね。そういえば、連れ合いと付き合い始めたのもこの季節。♪時間と言うものは…………!と唄いたくなります。
posted by 焙煎師TIPO at 12:15| Comment(0) | TrackBack(0) | お店

2007年03月15日

ポスパル 豊中市版

夢がなくっちゃ楽しくない!「大好き」な住まいを見つけるフリーマガジン『ポスパル 豊中市版』にTIPOGRAFIAをご紹介いただきました。ベーカリー、カフェ、雑貨店、レストランなどいろいろな情報一杯の冊子です。コレを片手に街巡りが楽しめます。もう少し暖かくなれば自転車でうろうろ散策するのもいいか知れません。現在、店舗でも冊子を配布中です。そしてWEB版はコチラ

いつも、こうしたメディアでTIPOGRAFIAのことを偶然知り、足を運んでくれたお客様との出逢いを大切にしていきたいと考えます。縁は大切です。
posted by 焙煎師TIPO at 14:14| Comment(0) | TrackBack(0) | お店

2007年03月12日

営業のお知らせ

本日は“いつもは定休日”の月曜日ですが、営業しております。

どうぞバンバンお越し下さい。

代わりに、明日と明後日(13日および14日)は臨時休業となります。

東京にて開催される展示会『FOODEX JAPAN』『HOTERES JAPAN』に行って参ります。何かしらいいネタを仕込んで今後の商品、メニューに役立てます。

ご迷惑をおかけいたしますが、宜しくお願いいたします。

位置情報このブログも13日、14日はまとめて後日にアップいたします。
posted by 焙煎師TIPO at 09:36| Comment(0) | TrackBack(0) | お店

2007年03月07日

営業のお知らせ

誠に勝手ながら

  3月13日(火)および14日(水)

はスタッフ研修のため臨時休業となります。

前日の通常定休日月曜日(3月12日)は臨時営業いたします。

ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。
posted by 焙煎師TIPO at 09:16| Comment(0) | TrackBack(0) | お店

2007年03月01日

ジャズと珈琲漫談会

熱く現在のリアルなジャズを語る中川ワニ氏です。

P1010269_edited.JPG

昨夜は「中川ワニのジャズと珈琲漫談会」に多数お集まりいただき感謝いたします。TIPOGRAFIAでの開催も2回目となりましが、お楽しみいただけましたでしょうか?
誠に心がジャズる熱い夜でした。前回に引き続き、地元関西で調達したブツを中心に最近のお気に入りCDを大量持参して、ランダムに流しながら2時間以上語る語るカタルシス!持参したコーヒーを点てながら、青春時代の恥ずかしい話からエリック・ドルフィーまで縦横無尽にアドリブかまし、あやうくエンドレスな無限天国(もちろん地獄ではない)となりそうでした。今回はお子様連れのご夫婦からご年配のお客様まで幅広く集っていただけました。この会は今後もリアルなジャズのために継続していきたいものです。

P1010267.JPG

こちらは開演前密かにTIPOGRAFIAの焙煎機で独り豆を煎る中川ワニ氏。
背中に孤高なジャズ心が感じられます。

実は昨日夕方、茅ヶ崎の“ODARA”のご店主夫妻が関西旅行の帰りにご来店いただきました。店主自身がずっと行きたかったお店だったのですが、残念、先を越されてしまいました。絶対に大好きなお店のはずです(店名に心が躍ります!)。でもこうして同世代の同業の方に出逢う喜びに勝るものはありません。同じ時代の空気の中、同じ商売をそれぞれの場所と思いで歩んでいる同時性は素晴らしいものです。ご来店感謝いたします。今度絶対お店へ行きます。

位置情報以下はお約束のリストです。ご参照下さい。

  WANI JAZZ FEB/2007 @ CAFE DO BRASIL TIPOGRAFIA
(1)Amanda Carr“DO IT THE HARD WAY”from 『TENDER TRAP』
(2)Elias Haslanger“PORTRAIT OF JENNIE”from『STANDERDS』
(3)Jaqui Dankworth “SEPTEMBER IN THE RAIN”
   from『AS THE SUN SHINES DOWN ON ME』
(4)Daisy chute“I JUST FOUND OUT ABOUT LOVE”from『SMPLY JAZZ』
(5)Francois Ingold Trio“BLACK TROMBONE”from『SONG GARDEN』
(6)Jackie Paris“EMLY”from『THE INTMATE JACKIE PARIS』
(7)Lou Bennett Quartet“LEFTY FOOT”from『NOW HEAR MY MEANING』
(8)Ligia Piro“SAMBA DE ORLY”from『BABY!』
(9)Stuart Elster Trio“GET IT RIGHT!”from『GET IT RIGHT!』
(10)Vince Wallage Quintet“TO EACH HIS OWN”from『TO EACH HIS OWN』
(11)Harcsa Veronika“THE LOOK OF LOVE”from『SPEAK LOW』
(12)Jim Watson Trio“THE LOOP”from『THE LOOP』
(13)Jodi Proznick Quartet“HELP ME”from『FOUNDATIONS』
(14)Sony Holland“COME FLY WITH ME”from『OUT OF THIS WORLD』
(15)Josee Koning“A FELICIDADE”from『TRIBUTE TO ANTONIO CARLOS JOBIM』
(16)Matt Savage Trio“LULLABY OF BIRDLAND”from『QUANTUM LEAP』
posted by 焙煎師TIPO at 10:29| Comment(2) | TrackBack(1) | お店

2007年02月27日

お知らせいろいろ

お知らせです。

るんるん
週末3月3日〜4日に開催予定だったコーノ式珈琲塾関西教室は順延となりました。隔月開催のため次回は5月を予定しております。ぜひぜひ!

るんるん
明日開催いたします「中川ワニのジャズと珈琲漫談会」はまだ多少席の余裕があります。電話にて事前予約の方にはワニ氏が自らセレクトした“WANIJAZZ”のCDRをプレゼントいたします。詳しくはココをクリック。電話06−6849−6688までどうぞ。
posted by 焙煎師TIPO at 17:05| Comment(0) | TrackBack(0) | お店

2007年02月25日

遠く離れて

karrin.jpg

KARRIN ALLYSON『FROM PARIS TO RIO 』はフランスから遠く離れたリオへの音を巡る旅。アルバムは“UNDER PARIS SKIES”に始まり、PIERRE BAROUGH、BARDEN POWELL、IVAN LINS、CAETANO VELOSO、BUD POWELL、そしてVILLA LOBOSまで遥々旅を続けます。基本的には出不精な店主ですが、妄想の旅はいいもんです。ディスクをプレイヤーに入れるだけで密かに旅ができます。

今回のもうひとつの旅は“FROM TOYAMA TO OSAKA”です。先日、富山のタウン情報誌Taktで当店を取材いただきました。富山から大阪・北摂へのドライブ(旅)特集だそうです。遠路はるばる1泊2日の強行軍の取材の旅、ご苦労様でした。心より感謝しております。

でもなぜ富山?実は、TIPOGRAFIAのコーヒー豆を店舗で使用していただいている富山“HERE WE ARE!45 CAFE”様のご紹介らしい。画像を見ると極めて居心地の良さそうなお店です。(ぜひ行ってみたい!)。この店も石川県金沢の同じく豆を卸しているカフェの縁であり、さらにはこの店も中川ワニ氏からのご紹介で取引を頂きました。なんとも不思議な人と人との縁を巡り巡ってコーヒーが旅をしています。まさに風が吹けば桶屋が儲かるというバタフライエフェクトです。世の中、捨てたものではりませんね。
posted by 焙煎師TIPO at 13:01| Comment(0) | TrackBack(0) | お店

2007年02月23日

価格統合

TIPOGRAFIA向かいの時間貸し駐車場の価格が統一されました。境界のフェンスがベルリンの壁のように二つのエリアの価格を分離していましたが、このたび一つになりました。万歳!まさに専用駐車場を持たない当店の為に建設され、当店の為に価格統一していただいた気分です。

……ということで左右共に1時間100円
  
TIPOGRAFIAでは、1000円以上のお買い上げまたは喫茶利用で1時間分100円をOFFいたします。精算前にレジ担当にお声をお掛け下さい。駐禁気にせず、ゆったり楽しめます。

posted by 焙煎師TIPO at 11:07| Comment(0) | TrackBack(0) | お店

2007年02月12日

基本円錐、時々サイフォン

TIPOGRAFIAのメニュー《Café Japonês ジャポネーゼ》は「日本風あったかコーヒー」とサブキャッチにあるように日本オリジナルのコーヒー抽出器具ペーパー式の円錐フィルターで淹れたコーヒーです。最近は正確にいうと基本円錐、でも時々気まぐれサイフォンかな。店主の気まぐれと接客状況によって時々サイフォンが登場します。いつか東洋の魔女ならぬサイフォンの魔女(声で船乗りを惑わせて海に引きずり込んじまうサイレンの魔女のように豊穣な液体でお客様の心を惑わたい!)として、店主連れ合いによるサイフォン定番化を夢見ています。そのため日々のオペーレーションを鍛錬中!そう、円錐開眼以前は圧倒的サイフォン派だった店主としては、あの豊穣な味わいを皆様にもおすそ分けしたいのです。


………ということで、(話は大きく飛躍してますが)久しぶりのコーヒー教室を開催いたします!
そういえば、去年の初夏の頃以来かも?

土曜の夜は
『家でコーヒーを楽しむ秘訣 教室』


いつものコーノ式円錐フィルターによる抽出講義、実演をメインに、サブテーマはサイフォンとペーパーフィルターの飲み比べの2本立てで開催いたします。いつものように抽出技術うんぬんより、心地よい音楽でも聴きながら、自分で淹れたコーヒーと自家製気まぐれSWEETSと一緒にゆるゆる過ごせていただけたら。そう、土曜の夜は明日は日曜日。当たり前のことだけど、この小さな幸せ!日曜日の朝のコーヒーのために少しだけ時間を下さい。

日時●2/24(土)19:00〜21:00
場所●CAFE DO BRASIL TIPOGRAFIA(豊中市本町6−7−7)
内容●おいしいコーヒーのためのコツ
   円錐フィルターによるコーヒーのたて方
   参加者のによる実技
   実演/サイフォンとペーパーフィルター飲み比べ
講師●TIPOGRAFIA 店主・焙煎人 山崎雄康
費用●2000円(自家製気まぐれSWEETSとCOFFEE付き)
    ※店頭のお好きなコーヒーを味わっていただけます。
    ※器具・コーヒー豆などはこちらで用意いたします。
    ※コーヒーを試飲していただきますので、食事はお済ませ下さい。

申し込みは;店舗06−6849−6688
      e-mail tipografia@zeus.eonet.ne.jp
までどうぞ。詳しい内容もお気軽にお問い合わせ下さい。

黒ハート宣伝ついで……

本格的な焙煎・抽出講座なら
コーノ式珈琲塾

コーヒーと音楽談義なら
中川ワニのジャズと珈琲漫談会
posted by 焙煎師TIPO at 11:10| Comment(0) | TrackBack(0) | お店

2007年02月11日

明日は営業します

広報を忘れてました。

明日月曜日は祝日のため、営業いたします。

代わりに火曜日は休みとなります。


どうぞお越しやすぅ!
posted by 焙煎師TIPO at 12:31| Comment(0) | TrackBack(0) | お店

2007年02月03日

Tシャツ

P1010240.JPG

KONOSのTシャツが完成いたしました!
TIPOGRAFIAの焙煎機の色と同じイエローをベースに名門ドリッパーセットの赤箱が!かなりカワイイ!

P1010238.JPG

袖には「コーノ式」のタグ。お札風です。

P1010239.JPG

そして珈琲サイフォンのロゴマークが襟元に!かなり凝ってるなぁ。

サイズはS/M/Lの3サイズで各4000円です。Sサイズのサンプルのみ店頭にあります。欲しい方は巣鴨より取り寄せます。コーノ式珈琲塾卒業生の限定品販売ですので、ひょっとして関西ではここだけ??希望の方には河野雅信氏の直筆サインも入ります(これは嘘)。さあ、コーノ式マニアは急げ!春にはコレを着ておされに闊歩しませう!マニアの注目間違いなし!
posted by 焙煎師TIPO at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | お店

2007年02月01日

中川ワニのジャズと珈琲漫談会 #2

WANI.gif

中川ワニ氏が2月月末の大阪巡業にあわせて再び『ジャスと珈琲漫談会』をTIPOGRAFIAにて開催いたします。一応予定ですが、

  位置情報日時;2月28日(水)20:00開演(開場19:30)
  位置情報チャージ2000円(コーヒー付き)
  位置情報開場:CAFE DO BRASIL TIPOGRAFIA(阪急豊中駅徒歩7分)

となっております。今回も前回に引き続き、事前打ち合わせなしで完全インプロビゼーションでジャズします。何の話がでるか、何の音が聴けるのか全く予想が尽きません。そして今回も幻と化している中川ワニ氏自身のコーヒーを自らの抽出で楽しんでいただけるはずです。随時予約は06−6849−6688で受付いたします。詳細はまた広報いたしますね。
  
  
posted by 焙煎師TIPO at 11:34| Comment(2) | TrackBack(0) | お店

2007年01月26日

フリーパーパー『KONOS』

P1010235.JPG

TIPOGRAFIAのようにコーノ式珈琲塾で河野雅信氏(珈琲サイフォン株式会社)のコーヒーに惚れ込み、実際に開店しちゃった人が全国に点在しています。もちろん経営はまったく別で、それぞれのカラーで営業はしているのですが、共通しているのは河野氏とそのコーヒーが大好きだということ。そう、みんな「コーノ式」に魂を売った兵(つわもの)どもです。場所や商売の方法は異なれども、コーヒーに対する思いは同じ、きっとお互いのために何か出来ることもあるはず!こうして同窓生が寄り合った共同体が“KONOS”です。そして情報交換、共同での仕入れや販促展開などを進めてきました。

今回お届けするのは、共同編集のフリーペーパーです。
タイトルはそのまんま
 
 『KONOS あるいは一杯の珈琲に秘められた思いを探す小冊子』

です。発刊の関係で少し遅くはなりましたが「2007年 新年最初の一杯のコーヒーに捧ぐ」となっています。
賛同各店のコメント、河野雅信氏による円錐フィルターの開発秘話そして特別寄稿として鎌倉cafe vivement dimanche 堀内隆志氏の思い出話などなど、薄いけど熱い小冊子となっています。本日から店舗で配布中。完全限定発行ですのでご希望の方はお急ぎ下さいね。
posted by 焙煎師TIPO at 10:04| Comment(0) | TrackBack(0) | お店

2007年01月23日

夜明け前に

週末営業ですっからかんになったコーヒーの冷蔵ショーケースを埋めるべく夜明け前から焙煎。ショーケース内は少しエンプティだけど、多くのお客様に来て頂いた週末の心は満タンです。さて暖冬といえども空調を入れない早朝の店内はさすがに寒かった。6時過ぎから合計9バッチ分を煎り上げ、現在ショーケース内は煎りたての豆の発する叫びで一杯です。みんなそろって

 「ブガール!煎り上がるぅ!カンガルゥ!」

とはしゃいでいます(意味不明)。
ラインナップはサラヴァ(ブレンド)、イルガチェフのモカ、ミヨシさんのコーヒー(ブラジル)、キリマンジャロの雪(タンザニア)、アフリカの叫び(ケニア)、カリブの島(ドミニカ)、ボゴタで朝食を(コロンビア)そして新登場エルモリトのグアテマラです。以前にサンプルで一度登場したグアテマラが正式にデビューいたします。やわらかい苦味とコクがやさしく拡がります。今日は60%を越える煎りたて度数で皆様をお迎えいたします。さあ、今週もGO!GO!商い!
posted by 焙煎師TIPO at 11:07| Comment(0) | TrackBack(0) | お店

2007年01月20日

語りすぎた朝と無言の夕方

新REMIX(ブレンドともいう)SWMPが出来るまでのレポート最終回です。
今朝は

 「ねえさん!おいら、ちょっと語りすぎちまったようだぜ!」
 「そうだよ、あんたらしくねぇ」
 「すまねぇこった。これにてちょっくら黙らしてもらうぜ!」

と言う感じです。多くを語らないコーヒー屋のはずがブレンドが出来るまでの思考実験と作業を逐一語りすぎました。少し反省……。そして完成品は店頭に並び、喫茶で提供開始いたしました。コレより先はお客様の世界です。活かすも殺すも、全てをお客様の心の声に委ねます。蛇足ですが、最終的な配合は

 @インドネシアマンデリントバコ(フルシティ)50%
 Aエチオピアモカイルガチェフ(フルシティ)30%
 Bインドロブスタ(フレンチ)20%

てな感じです。マンデリンのコクをモカのやわらかさで包み、隠し味インドでパンチをきかせたブレンドです。イメージでは土臭くパンチのある個性的なブレンドを目指しています。ガツンとしたインドの香ばしい香りが攻めます。そう、これぞ泥臭くアーシーな曲者豆たちのオリエンタルなマリアージュです。さて皆様、判断はお任せいたします。

P1010234.JPG

ついでに新ブレンドにあわせる本日のSWEETSたちです。

かわいいジューシーオレンジケーキ(320円)

アーモンドプードル入りの生地にオレンジ果汁とアマレットがたっぷり染み込んだしっとり味

かわいいスイートアップルポテトのパウンド(230円)

好評だったスイートアップルポテトのパウンド仕様
見た目よりずっしり。ほんのりシナモンもきいてます

かわいいゆずスクエア(190円)

無農薬の柚子を使いました
ざくざくショートブレッド風です。手掴みで食べていただいても

かわいい濃厚チョコレートケーキ(230円)

スチームオーブンでじっくりと焼き上げました
ブランデーも少々。大人の味です

全て限定品なので品切れ御免。
あ、また語りすぎちまった。もう夕方までおとなししゅう黙っとこ。
posted by 焙煎師TIPO at 12:11| Comment(2) | TrackBack(0) | お店