2006年07月26日

出逢い

恐らく人生は既に折り返しを越え、最良でもこれまで過ごしてきた時間しか生きれないのは確実です。果たして残りの時間でいったい何本の映画、何冊の本、何枚のCDに出逢うことができるのでしょうか?それは決して多くない数でしょう。一人の人生では、果てしなく存在する無限のプロダクツのほんの一部分しか知ることができません。ある種の強迫観念に近い知識欲を思えば少し悲しい事実です。

友人は毎日、本屋で新刊をチェックしなければ気が済みません。「ええ加減にせえちゅうねん!」と突っ込みながらも、自分自身は毎週必ずレコ屋をチェックしなければ気が済みません。同類です。少しでも間が空くと素晴らしいCDを見逃すかも知れない!と不安になります。実際そんなことはありえません。何か新しいモノ!と単に情報に追われているだけ。でも購入までの過程が楽しいのも事実。一度手に入れると残された楽しみは聴くのみしかありません。それ以前、店を梯子してうろうろと彷徨い、ジャケットや説明文を読み音を想像する、時として視聴しながらブツを漁る時間が楽しいのです。世の常としてハンティングはクッキングに勝ります。

この商売を始めて以来、以前より音楽に費やす時間が格段に増えました。営業中、ほぼ一日中音楽が流れています。サラリーマンの頃、帰宅してからの何時間しか、といっても飯食って、風呂入ってと実際はわずかな時間でした。気が付くと聴いていないディスクが山積みになってました。現在、購入量が同じであっても、この商売はいつでも音楽が聴けます。気に入ったら何度でも繰り返します。思い出した様に古い懐かしいディスクを棚から探し聴くこともできます。

TIPOGRAFIAでは今日もお客様の有無に関係なく、果てしなく音楽が紡がれています。それは店主の趣味はもちろんですが、お客様がふらっと入った喫茶店で流れていた曲に聴き入ってしまう!その時の気持ちや感情が音楽と共鳴し、まわりのことも目の前の湯気をたてたコーヒーのことも忘れ、音と対峙する!そんな瞬間を夢見ているから。この店でそんな出逢いがあれば本当に幸せです。

0c_1_cd.jpg

わざわざ元町まで行って買ってきてもらった『musique dessinee o1』
神戸名物のレコ屋「ディスク・デシネ」の自主レーベル初のコンピレーションです。4枚目にして、はやレーベル買い必至となりましたが、聴くだけで幸せな至福のディスクです。元町の店舗とWEBで先行発売中。
posted by 焙煎師TIPO at 10:52| Comment(0) | TrackBack(0) | musica

2006年07月25日

MAUCHA ADNET

065.jpg

MAUCH ADNET『 THE JOBIM SONGBOOK』です。
坂本龍一とも競演している、晩年のジョビンのお気に入りシンガーだそうです。これは没後10周年を記念のアルバムです。かすれた声が心地よい!“CHEGA DE SAUDADE”のアレンジがお気に入りです。

787.jpg

そして中川ワニ氏推薦のMAUCHA ADNETが前年に参加したUNITのアルバム。こちらでも“AGUA DE BEBER”“CHEGA DE SAUDADE”他ジョビンを数曲カバーしています。アコーディオンとフリューゲルホーンなどを加えた編成で同じ曲でもアレンジと印象が異なり、結構これもいけます!2枚を比較して聴くと楽しめます。

最近は純粋なモダンジャズより、この手のJAZZ的なブラジル(特にヴォーカルが女性!)に惹かれます。どちらも飽きずに聴いています。
posted by 焙煎師TIPO at 13:30| Comment(0) | TrackBack(0) | musica

2006年07月22日

インチキ!

4997184870863.jpg

CARIN COSA LATIN BAND『PATOS DE MINAS』

先日タワーレコードで「実質上日本初!今回のみの完全限定入荷」なる踊り文句に踊らされ買ってしまいました。オーストリアのラテンバンドの1988年作品。いわゆるインチキブラジル、非ブラジリアンによるブラジル音楽です。といっても“ESO BESO”なんかもカバーしているように、広義な「ラテン」、中南米ひとくくり個別の国認識一切無し系です。なんでオーストリアでブラジルなん?なぜ日本人がボサノバなん?とかと同様、民族的要素を他国人が解釈すると独特のインチキ臭さが生まれます。場末キャバレーの箱バン、酔っ払い相手の誰も聴いていない演奏の様ないかがわしさが実に素晴らしい(誉め言葉)!いやあ、これが堪りません!インチキ(他国)からブラジル(本物)へ進んだ私には古巣の様で極めて心地よいのです!他にもA.C.ジョビンの“AGUA DE BEBER”“DINDI”“ONE NOTE SAMBA”“TRISTE”“CORCOVADO”“GIRL FROM IPANEMA”と有名曲ずらり。やはり“ESO BESO”のアレンジが秀逸!ミックスCDの盛り上げ曲なんかにピッタリの曲です。インチキ大好き!
posted by 焙煎師TIPO at 10:43| Comment(0) | TrackBack(0) | musica

2006年07月18日

LONG TIME NO SEE

img156.jpg

THE CLASH“LONDON CALLING”

LONG TIME NO SEE お久しぶりね!
気まぐれで隠された階上のCDアーカイブから引っ張り出してきました。
いやぁ、いいね!いいね!懐かしいけど新鮮!格好ええでぇ!パンクな血が騒ぐ!コーヒー抽出にもぴったりのBGMじゃ!オジサンは(妄想の中で)暴れるぜぇぃ!

位置情報今日は定休日(祝日の代休)です。ディスク仕入れに行ってきます。
posted by 焙煎師TIPO at 10:09| Comment(0) | TrackBack(0) | musica

2006年07月14日

熱い音

だんだんと焙煎が厳しくなる頃合です。朝8時前でも室温計が30度、メラメラな焙煎機が周囲を熱で恫喝!今朝もわずか2バッチ(工程)で魂を抜かれました。店に出るにはシャワーが必要です。

暑いついでに熱い(そして涼しい)音を階上のアーカイブ(CDラック)から引っ張り出してきました。今日こいつらをだらだらと流し続けます!

 ☆VAN MORRISON/GEOGIE FAME/MOSE ALLISON/BEN SIDRAN
  “THE SONG OF MOSE ALLISON〜TELL ME SOMETHING”
 ☆MILES DAVIS“MILES DAVIS AT CARNEGIE HALL”
 ☆THE HAR-YOU PERCUSSION GROUP
  “THE HAR-YOU PERCUSSION GROUP”
 ☆SINEAD O'CONNOR“I DO NOT WANT WHAT I HAVEN'T GOT”
 ☆CAL TJADER“CAL TJADER SOUNDS OUT BURT BACHARACH”
 ☆TALKING HEADS“STOP MAKEING SENSE《SPECIAL EDITION》”
 ☆JOHN COLTRANE“A LOVE SUPREME”
 ☆THE ISLEY BROTHERS“GIVIN' IT BACK”
 ☆VARIOUS ARTIST“CINEMIX”


一貫性全くなしの雑食選曲です。
posted by 焙煎師TIPO at 09:55| Comment(0) | TrackBack(0) | musica

2006年07月12日

DJ PaTiFe“Na Estrada”

277.jpg

DJ PaTiFeはブラジルのドラムンベース・シーンを引っ張る男らしいです。ほんまかいな?でもクリーブランド・ワトキスをフューチャーしたスティヴィー・ワンダーの“OVERJOYED”がひたすらお気に入りです。クリーブランド・ワトキスはまだ現役だったんですね。昔、コトニー・パインのアルバムにも参加していたジャマイカ系の英国黒人で、ソロアルバムで大好きなウイリアム・デヴォーンの“BE THANKFUL FOR WHAT YOU GOT”をカバーしていたよう気が(かなり曖昧な記憶)?ジョルジ・ベンの“QUE PENA”もカバーしています。結構ベタなカバーが大好き!ブラジル音楽の楽しみの醍醐味は有名曲カバーの解釈を楽しむ点にあります。この2曲のために、十分“買い”のアルバムです。しかしEBTGのベン・ワットをして「ドラムンベースは21世紀のBOSA NOVAだ」といわしめたのも既に十年一昔で、細々ながらもまだ現役のリズムなのに驚きます。♪時間というものははかないもんですね〜!
posted by 焙煎師TIPO at 11:24| Comment(0) | TrackBack(1) | musica

2006年07月08日

つぐみ

388.jpg

AXEL KRYGIER『つぐみ ZORZAL』です。

アルゼンチン音響派と呼ばれているそうです。ジャンル分けが困難なつかみ処の無い音です。ロックからジャズ、現代音楽、フォルクローレなどが縦横無尽に節操無く混ぜ込まれています。ポップでかつ前衛的な音です。変なオルガンの音色、スカスカのサンバのリズム、コーラスやブラス楽器が突然踊るかと思えば、メランコリックなメロディーが映画音楽の様でもあります。確信犯的に狙って外していますね。でもゆるゆるとした音の質感に包まれているとたまらなく心地よい!12曲40分強の一貫性の無い浮遊感を堪能できます。眺めていたくなるジャケットも秀逸。
posted by 焙煎師TIPO at 10:36| Comment(0) | TrackBack(0) | musica

2006年06月30日

ANN SALLYです。
Ann%20Sally%20VACM-1262.jpg

音よりも声そのものが好きな人がいることに最近気が付きました。そう彼女の声にたまらなく魅かれます。理由はわからないのですが、心地よく“声”に聴き入ってしまいます。飛びぬけて個性的な声質ではありません。少し鼻にかかったかすれ気味の甘い声です。音楽的にもアコースティックな楽器の音色やアレンジ、カバー選曲など好きな要素は多くありますが、気が付くと声のみと対峙しています。広く抜けた空間に静かに響く声が確実に存在し、そこでは他の楽器の音色は空間を彩る背景でしかありません。肉声の持つ根源的な力でしょうか?ボーカリストは唄の上手下手といった技術的な面よりも、最終的には“何かを伝える”という点にその本質を置くのかも知れません。彼女の声の力に確実にひれ伏します。そして余談ですが、ANN SALLYの容姿(短髪・痩せ型・ボーとした顔)そしてボワボワした空気感も大好きです。
posted by 焙煎師TIPO at 10:18| Comment(0) | TrackBack(0) | musica

2006年06月21日

BOOGALOO!

boogaloo.jpg

BOOGALOO JOE JONES です。いつもこれでもか!これでもか!としっこいリフをコテコテ繰り返します。バックはファットバックなドラムにオルガン!コテコテソウルジャズの王道です。いかにもな黒ブチ眼鏡といいい、芸人に徹したギターリストです。

しかし、なんともインチキ臭い芸名!黒人音楽のアーティスト名は概ねこの手のこけおどしが多いですね。「デューク(公爵)」「キング」「モンク(坊さん)」「プリティ」「ファッツ(太っちょ)」「グルーヴ」などなど。本人の容姿と関係ある場合もあれば、全く逆もあります。“バーナード・プリティ・パーディ”なんかは親方風の太っちょオヤジです。なにがプリティなのか?

さてさて“BOOGALOO”という言葉の場末感、インチキ臭さ、脂っこさは大好きです。何か無条件に惹かれますね。京都に“BOOGALOO CAFE”という店がありますが、完全にネーミング勝ち!店名だけで思わず行きたくなる店です。ははは、正直いえばgrafの内装・家具にマッキントシュのアンプ、JBLのスピーカーと結構影響を受けてます。そんなことは忘れて、さあ、皆さんも一緒に♪ブ〜ガルゥ〜!ほら、踊りたくなったでしょ!

位置情報実は週末のうろうろのため、レコ屋へ行っておらず、欲求不満気味です。仕方がなしにレコード棚から古いLPを引っ張り出してます。あああああああ、レコ屋で餌をあさりたい!狂おしいほどBOOGALOO!(禁断症状のため意味不明)
posted by 焙煎師TIPO at 11:23| Comment(0) | TrackBack(1) | musica

2006年06月16日

alice coltraine

ジョン・コルトレーンには思い入れが薄く、ましてやその嫁はん(未亡人)なんて胡散臭くて近づきたくありません。でも今日はそのALICE COLTRAINE『ETERNITY』の話。
あちらへいっちゃってる感じが中々して心地よいアルバムです。“BREAK ON THROUGH THE OTHER SIDE”と唄ったのはジム・モリソンですが、このおばちゃんも彼岸の人です。一応ジャズでは珍しいハープ奏者のはずですが、変な音色のヘロヘロオルガンばかりを弾いています。♪レロレロ〜ン!レロロロ!レレレレレロンロン!という感じです。10分以上にも及ぶM-3“LOS CABALLOS”がすごい!全く訳がわからないけどすごい!アフロキューバンなコンガとティンバルスの繰り返されるリズムに乗って、ヘロヘロオルガンが電波系な音を奏でます。メロディになってないパルスのようなオルガンです。なんじゃこれは!と☆3つプレゼントします!挙句の果てに、M-6“SPRING ROUNDS”ではストラヴィンスキー『春の祭典』のカバーします。
本人はいたって真面目なアルバムですが、傍から見ればヘンタイです。そしてそのヘンタイぶりが大好きです。
posted by 焙煎師TIPO at 10:54| Comment(0) | TrackBack(0) | musica

2006年06月10日

LIO

768.jpg

1991年発売のLIO『DES FLEURS POURS UN CAMELEON』です。現在もお店に当時のアナログ盤がありますが、本当によく聴きましたね。最近CDでも再発されました。
  ↓ 思わずクーとなるインナースリーブのフォトがめちゃいい!

P1000766.JPG

なんといっても秀逸なのは“THE GIRL FROM IPANEMA”!オリジナルにはさほど思いいれがないのですが、このカバーの屋敷豪太が打ち込んだリズムは今聴いても逆に新鮮です。グランドビートカバーモノの走りです。有名どころではCANDY FLIPP“STRAWBERRY FIELDS FOREVER”がヒットしました。直後に来日公演まであった一発屋バンドです。
当時、この手のカバーに結構はまり、いろいろと買い漁さりました。
例えば、

  イーグルス“HOTEL CALIFORNIA”
  ストーンズ“WE LOVE YOU”“I'M FREE”
  ドアーズ“RIDERS ON THE STORM”
  ピンクフロイド“SHINE ON YOU CRAZY DIAMOND”

などなど、いろいろあります。この時代を知らない世代にとってはなんじゃこれは!というネタですが、御年40歳のおじさんは時々昔を懐かしむのでした。
posted by 焙煎師TIPO at 10:55| Comment(0) | TrackBack(0) | musica

2006年06月09日

ジャケガイノススメ

4-8399-2090-7.jpg

『BEAUTIFUL COVERS ジャケガイノススメ』

最近、こそこそとカウンターで楽しんでいます。読むというより眺めるですね。レコードジャケットからはいいろいろ教わりました。はい。店名の“TIPOGRAFIA”のモトネタのタイポグラフィーも最初は古いジャズのレコードのジャケットで覚えました。図版を見ながら音を想像するのが快感です。不思議と(行間ではなく)絵間から聴こえない音が感じられますよ。ほら!皆様もご一緒に耳を澄ませて下さい!
posted by 焙煎師TIPO at 11:41| Comment(0) | TrackBack(0) | musica

2006年06月06日

RIOT CITY BLUES

199.jpg

この系統の音は本当に久しぶりです。そして単純にロケンロールでかっこいい!シンプルなリフ一発とノリで最後まで突っ走る曲を久しく聴いた気がします。PRIMAL SCREAM とは古い付き合いです。夢中になったの『SCREAMADELICA』の頃。店主はもろマンチェスター世代('90初期)、ひたすら英国ロックを聴きまくっていました。ちょうど大学を卒業する頃。まさに青春です!その後はターゲットがJAZZとSOULへと拡散していき、自然とタワレコでもROCKフロアーからは遠のいていきました。お店には合わないかも知れないけど、車のCDチェンジャーに突っ込んでおいて流すのに最適!久しく血が沸きます!
posted by 焙煎師TIPO at 09:54| Comment(2) | TrackBack(1) | musica

2006年05月30日

SILVETTI

757.jpg

SILVETTI『SPRING RAIN』がようやくCD化されました。コンピレーションでタイトル曲の旋律にやられて以来、オリジナルLPを探していました。探しすぎて探している事実を忘れるくらい!そして今朝、初めて全編通して聴きました。
実体はアルゼンチン出身のピアニスト、ベブ・シルヴェッティのソロアルバムですが、てっきりジャケットの雨傘の女性がシルヴェッティかと思っていましたよ。
全編、イージーリスニングともダンスミュージックとも付かない美しい旋律のインストで所々女性コーラスのスキャットが入り、聴き流すには程良いBPMの心地よい音です。
コーヒー屋としてはタイトルが興味津々な“TWO CUPS OF COFFEE”というエレクトリックピアノの美しい曲が!ラストの“CONTIGO”まで捨て曲なしで一気に聴き流れます。ジャケット、内容とも名盤です。
posted by 焙煎師TIPO at 10:41| Comment(0) | TrackBack(0) | musica

2006年05月26日

ジャズメンのボサノヴァ

毎年、この季節になるとボサノヴァのCDが再発されたり、定番曲を集めた新しいコンピレーションが発売されたりします。それを見ると「ああ、もう夏なんだ!」という気持ちがしかっりと蔓延しますね。でも夏といえば何でボサノヴァなんでしょうね?やはり海、水着、ビーチ、太陽とかのイメージが先行しているから?通年通してブラジル音楽ばかりを聴いているのであまり季節感はありません。今日は最近気が付いたジャズメンの意外なボサノヴァのお話。余談ですがジャズミュージシャンの意である「ジャズメン」という言い方は「サンビスタ」と同じ?

Dscf0473111.jpg

マイルス・デイヴィス“QUIET NIGHTS”です。恐ろしいことにマイルスが“CORCOVADO”を録音していた事実に最近まで気が付きませんでした。CDを持っているのですから必ず聴いていたはずなのですが、得意の記憶隠ぺい工作によってコンプリートに抑圧されていました。そういえばタイトルの“QUIET NIGHTS”はそのままじゃないですか!なぜ気が付かなかったのでしょうね。録音された1962年はアメリカのボサノヴァの年。マイルスはギル・エヴァンスと組みコロンビアの要請で録音。後日、寄せ集めてアルバムとして発売されましたが、マイルス的にはボツだったようです。でも改めて聴くと決して悪くないアルバムなんです。短い曲ばかりで、ボブ・ドロウの唄モノが入っているなど、結構好きですね。深夜、音量を絞って静かに流すと心地よいアルバムです。

912.jpg

続いてウエイン・ショーター“SUPER NOVA”です。ジョビンの“DINDI”を無茶なアレンジでカバーしています。10分近くの長尺ですが前半と後半はアフリカ的なパーカションをバックにブイブイとショーターが吹きます。はさまれる中盤にマリア・ブッカーのボーカルが乗ります。絶対曲が始まっても、唄が出てくるまでは“DINDI”と気が付きません。これもかつて聴いていたはずなのに全く覚えていないトラックです。よくよく考えるとバックにはチック・コリア、アイアート・モレイラが参加しており、後日ミルトン・ナシスメントと組むことになるショーターを考えれば結構ありがちな選曲です。「おっさん、無茶しとるやないけ。でもこれはこれでわるうないな…」というアレンジが大好きです。

余りにも多くのディスクを乱聴しているため、メモリー(記憶)がついていってません。何分、総容量には限界があるため、脳内で記憶隠蔽工作がしばしば行われます。でも時々、何かのきっかけで気が付いて掘り出し物として蘇ります。これはこれで結構楽しんでいます。
posted by 焙煎師TIPO at 11:09| Comment(0) | TrackBack(0) | musica

2006年05月18日

道場破り

時々、TIPOGRAFIAには道場破りの方がおみえになります(敬語は変だ)。

   以下の本文はセルジオ・レオーネのマカロニウエスタンの
   テーマ曲でも流しながらどうぞ!♪しゃららら〜ん!

店前に車を乗りつけ、テーブル席には眼もくれずに、まっすぐカウンター席の店主の前へ。素早くメニューでコーヒー豆を選びオーダー、そして沈黙。
無精ひげにウエスタンハットを目深にかぶったイーストウッドかリー・バンクリーフが無愛想なバーテンにウイスキーをショットでオーダーするといった感じです。カウンターはさながらメキシコ国境線のように、キッチンと席の間にピリピリ緊張が走ります。そして肉声が沈黙を破ります。
  
  「セロニアス・モンクのソロピアノあります?」

静かな戦いが始まりました。その手で来たか!くそ!ソロピアノ嫌いやし!モンクのCDはあんましねえぞ!秒単位の時間の中、脳内を思考が駆け巡ります。

  「トリオじゃ駄目ですか?」

再び、沈黙。切った張ったの一回戦は勝負があったようです。見事に負けました。そしてしばしコーヒーをすする音。

  「アート・ブレイキーのドイツのライブありますか?」

再び脳内に緊張が走ります。ドイツ?アート・ブレイキーはドイツ録音してたっけ?うううう?覚えとらん。苦し紛れに返答……

  「フランスサンジェルマン録音ならありますよ」

そしてターンテーブルにCDを挿入し、音を流しました。曲はご存知“moanin'”。

  「あ、それです!ジェルマンをジャーマンと読み違えてました」

今度は勝った!そして次の勝負はジャマイカモノの話題へ……。


カウンター越しにお客様とよくこんな会話をしています。まさしく音楽道場破りです。店主は雑食性でたいがいの音楽と映画なら誰でも話をあわせることができます。この前は、カウンターで突然『ぴあ』を開き「最近なんか映画観ました?」と映画道場破りのお客様もお見えになりました。類は友を呼ぶのでしょうか?あ、もちろんコーヒー道場破りの方も結構い多いですね。
posted by 焙煎師TIPO at 09:17| Comment(0) | TrackBack(0) | musica

2006年04月28日

JAZZ DEFEKTORS

747.jpg

ジャズ・ディフェクターズの1987年の唯一のアルバムが再発されるようです。もう20年近く前なんですね。あああ、年を食うはずです。

アシッドジャズの直球世代です。モダンジャズの聴き始めの頃で、イギリスでのジャズで踊るというムーブメントに夢中になっていました。そんな時に出逢ったアルバムです。本当によく聴きましたね。京都マハラジャでのライブにも行ったはずです。フロアーで客と一体で踊った素晴らしいライブでした。好きすぎて“OOH! THIS FEELING”は自分の8ミリ映画のサントラにも勝手に使っていました。“ANOTHER STAR”もスティーヴィー・ワンダーのオリジナルよりこっちを先に知りました。

20年の年月を巡り巡って、再び同じ流行に戻ってきたのでしょうか?THE FIVE CORNERS QUINTET などハードバップを生で演奏するバンドも多く、再びモダンジャズ再利用の時代です。そう考えると必然の再発です。この世の中には本当に新しいものなのとうに無くなっているのかも知れません。でも店頭に並んだら聴いてみて下さい。決して古い感覚ではないですよ。
posted by 焙煎師TIPO at 15:17| Comment(0) | TrackBack(0) | musica

2006年04月24日

GRETCHEN PARLATO

gpcd.jpg

本日、見つけてきた新ネタ

GRETCHEN PARLATO

です。


正直ジャケット買いですね。タワーレコードのCDラックでこの反則技なトリミングの写真が買って!と笑顔で誘っており、クラクラと誘惑に負けました。

売り文句によるとハービー・ハンコック、ウエイン・ショーターも絶賛する実力派女性ボーカリストによるオーガニック・カフェ・ミュージックだそうです(?)。

ビヨーク、ジョビン、ウエイン・ショーターからジャバンまで多彩な選曲です。ピアノとギターにベース、パーカションという結構スカスカリズム系の編成です。普通のドラムじゃなくパーカション(cafeという名のクレジットです)でアコースティックギター主体というのがストレートなジャズボーカルアレンジじゃなくて粋です。(多分、ギターの)低い男声がコーラスで時々ハミングします。これがいい!鼻にかかった甘い声のボーカルと相性が抜群で、ブラジルの男女のデュエットアルバムみたいな感じです。

わずか8曲で収録時間40分ですが結構しっかりと楽しめます!リンクのHPで何曲か視聴できますのでお楽しみ下さい。



posted by 焙煎師TIPO at 19:46| Comment(0) | TrackBack(0) | musica

2006年04月17日

Nobreza

06031314.jpg

Jussara Silveira & Luiz Brasil『Nobreza』

最近のお気に入り!エゴン・シーレの様なイラストにそそられたジャケット買いのパターンです。アコースティックギターと女性ボーカルのみの極めてストイックな編成でカエターノ・ヴェローゾ、モラエス・モレイラ、カルリーニョス・ブラウンなどの曲を取り上げています。ギターと声というスカスカの音なんだけど聴けば聴くほど気持ちは拡がります。なぜなんでしょうね?こういうアルバムが素で発売されるブラジルは本当にギター王国です。みんな集まれば気軽にギターを手に唄うのでしょうね。早速、先日の“MUSIKAFFEE #0002”にも選曲しました。
posted by 焙煎師TIPO at 18:31| Comment(3) | TrackBack(0) | musica

2006年04月16日

MUSIKAFFEE #0002

コーヒーにぴったりの音楽を探す旅第2弾
今回は夜のコーヒーです。食事を終え、AFTERHOURSなゆったりとした時間……。自分のためにいつもより少しだけ丁寧にコーヒーを点て、隠しておいたビターチョコレートをあわせます。そんな時に聴く音楽です。タイトルは……

         『FAKE BAROQUE』

@MJQ“PRECIOUS JOY”『BLUES ON BACH』
ABAROQUE JAZZ TRIO“LARGO”『BJT』
BJUSSARA SILVEIRA E LUIS BRASIL
 “BAIAO DE QUATRO TOQUES”『NOBREZA』
CMORRIS NANTON
“FLY ME TO THE MOON”『SOUL FINAGERS』
DANTONIO CARLOS JOBIM
“MEU AMIGO RADAMES”『ANTONIO BRASILEIRO』
EPETER BEETS
“PRELUDE IN E MINOR”『PAGE 3』
FCORO DI BAMBINI“LA MARCIA DEI FIORI”
『LA VITA,AMIGO,E'LA'ARTE DELL'INCONTRO』
GEUGEN CICERO
 “BACH'S SOFTLY SUMRISE”『ROKOKO-JAZZ』
HEUGEN CICERO“UND BACH ?”『IN TOWN』
IEDU LOBO/MILTON NASCIMENTO
“OREMUS”『EDU LOBO』


どこがバロックやねん!という突込み所が一杯の選曲ですね。だってバッハの次にショパンやジョビンが素でつながれています。あくまでも主観的なバロック的パチモンでした。“曲名”『収録アルバム』となってます。

posted by 焙煎師TIPO at 09:31| Comment(0) | TrackBack(0) | musica