2006年06月27日

STAY

公開中の映画『STAY』です。

映画館で配布されているチラシの《STAY攻略ポイント》によると

 なぜ、サムのズボンの裾は短いのか?

その他、数項目の疑問が判れば、謎が解けるそうです。
サムとはユアン・マクレガーの演ずる精神科医です。確かに彼のズボンの裾は短い!でもなぜ?実は店主自身、スーツのズボンが極端に短いことで有名でした。若い頃、気分はモッズでパンクなサラリーマンだったため、裾はくるぶしが完全に出る位の短めの丈で4センチ幅のダブル(なぜ4センチなのか??)と決めていました。そして“CAFE BLUE”なステンカラーコートを前ボタン留めずになびかせていましたよ。今だから笑えるとても恥ずかしい過去です。さて、ユアン・マクレガーのズボンの丈は負けないくらいに短く、グレーのツイードジャケット、キルティングのジャケットなどブリティシュでモッズなファッションいっぱい!ひたすらそんなディティールが妙に気になった映画……。

『ジェイコブズ・ラダー』『アザーズ』『シックス・センス』『ジャケット』系の映画です。いささか食傷気味で使い古されたオチですが、決して嫌いではありません。個人的には現実崩壊系映画と呼んでいます。思わせぶりで計算尽くされた映像とカットのつなぎがスタイリシュな映画です。断言します!こけます!興味のある方はお早めにどうぞ!当然のことですが、店主のようにサムのズボンの裾を見つめていても謎は解けません。あしからず。
posted by 焙煎師TIPO at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/908522
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック