2006年05月27日

因果応報

物事には必ず原因と結果があるはずです。何かしらの要素がトリガーとなって結果的にある事象を引き起こします。そう信じたい。でも本当のところは我々には知る由はありません。特に「バタフライエフェクト(風が吹けば桶屋が儲かるというやつ)」のように複雑怪奇な因果応報は神のみぞ知る領域です。

昨日は自分の何かしらの因果を呪うほど暇な一日でした。待てども待てども誰も来ない。というより店前の人通り自体が少ないのです。最近稀に見るひどい売上でした。ぐずぐずとした天気ですが、給料日直後の週末です。何が原因なのか見当がつきません。閉店後、食事に出かけたのですが、その居酒屋も閉店まで誰も寄り付かない始末です。豊中界隈に不穏な呪いが蔓延しているのでしょうか?客足は不可解です。そして商売は難解です。すいません。今日はグチになっていましたね。今日という一日が皆様にとって、TIPOGRAFIAにとって良き日であるように!SARAVA!
posted by 焙煎師TIPO at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/722376
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック