2006年05月21日

当たり前ですが、店主は店の椅子には座りません。
今、気まぐれで窓側のテーブル席で庭を見ながらパソコンをいじっています。もちろん開店前です。毎日見慣れたお店ですが、こんな風に見えるのですね。庭もココから見ると少し違って見えます。画像は皆様の目でお確かめ下さい。観測者が状態を決定するという理屈は確かに正しいようです。世界はあるべき姿で絶対普遍にあるのではなく、無限の可能性で混沌とした状態です。見る人によって世界は異なります。確かにこの席で文庫本とコーヒーがあればボ〜!と時間を過ごせますね。この季節はまだ空調を入れていないため、風が抜け、今朝のような雨上がりの日は肌触りが心地よく落ち着きます。もし自分がお客様なら、こういう週末の朝の過ごし方がは素敵ですね。
posted by 焙煎師TIPO at 09:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/703335
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック