2006年04月24日

GRETCHEN PARLATO

gpcd.jpg

本日、見つけてきた新ネタ

GRETCHEN PARLATO

です。


正直ジャケット買いですね。タワーレコードのCDラックでこの反則技なトリミングの写真が買って!と笑顔で誘っており、クラクラと誘惑に負けました。

売り文句によるとハービー・ハンコック、ウエイン・ショーターも絶賛する実力派女性ボーカリストによるオーガニック・カフェ・ミュージックだそうです(?)。

ビヨーク、ジョビン、ウエイン・ショーターからジャバンまで多彩な選曲です。ピアノとギターにベース、パーカションという結構スカスカリズム系の編成です。普通のドラムじゃなくパーカション(cafeという名のクレジットです)でアコースティックギター主体というのがストレートなジャズボーカルアレンジじゃなくて粋です。(多分、ギターの)低い男声がコーラスで時々ハミングします。これがいい!鼻にかかった甘い声のボーカルと相性が抜群で、ブラジルの男女のデュエットアルバムみたいな感じです。

わずか8曲で収録時間40分ですが結構しっかりと楽しめます!リンクのHPで何曲か視聴できますのでお楽しみ下さい。



posted by 焙煎師TIPO at 19:46| Comment(0) | TrackBack(0) | musica
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/606287
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック