2007年05月23日

ANGELITA Li

angelita.jpg

ANGELITA LI featuring HANS ULRIK GROUP『CAMINHOS CRUZADOS』です。

M-3“UMA NOITE”は安全地帯“ワインレッドの心”のカバーです。このアルバムをお店で流しているとある年齢以上のお客様は「あれ、これって?」と反応します。それが見たくて、時折流して、カウンターで独りニタリと。でも同時にあんたいったいどこの人なん?と突っ込みを入れたくなります。

香港生まれアジア女性とオランダのサックスプレーヤーの競演です。ジョビン2曲にバカラック“CLOSE TO YOU”、キャロル・キング“SO FAR AWAY”、ブラジリアンフュージョンのクラシック“HE LOVES YOU”など分かりやすい選曲が並んでいます。しょーもないオリジナルを聴かせられるより、好きな曲を唄っているという感じで好感が持てます。その中にきらりと違和感が光る安全地帯のカバー。彼女が香港にいた頃、聴いた日本の曲なんでしょうか?音楽のルーツ(遍歴)が垣間見れるようで面白いものです。
posted by 焙煎師TIPO at 11:15| musica