2006年02月26日

日曜日の音楽

お客様の合間に毎日、カウンターの影で読んでいる本が『domingo music for sunday lovers』です。タイトル通り、日曜日にぴったりの音楽を巡る本!これがもう、愛しくて愛しくて仕方が無いんですよ。嬉々としてページを繰るけど、まだ読み終わりたくない!でも悲しいけど世界には終わりの無い本は無い!
音楽など何かを学ぶ時は、自分に感覚の似た人たちの言葉が一番です。堀内隆志氏、ケペル木村氏など数名の執筆者による非常に個人的なお奨め文には音への愛が一杯です。音を巡る私的な思い出話が愛しい!ああ、似たようなことあったっけ!という既視感に包まれます。すでにお店にあるディスクも多いのですが、ここに載っている全ての音を所有したくなります。この音と思い出を共有したい!というやばいコレクター感情がふつふつと沸き起こります。ブラジル音楽以外にも、JAZZからROCKまで幅広く“日曜日”をキーワードにセレクトされ、“sunny”“cloudy”“rainy”の3つに区分されています。あと、表紙のカエターノとガル・コスタの表情を見ていると心が動かされます。本当にいい写真ですね。
             霧
今日は雨。さすがに、この雨の降りではお店ものんびりしています。“rainy”をピックアップして独りでつないで聴いてみようかな。
posted by 焙煎師TIPO at 12:42| Comment(0) | TrackBack(1) | musica
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/402257
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

ブラジル音楽
Excerpt: 前から気になっていた、ブラジル音楽。 カフェでボサノバを耳にしたり、ブラジルに親戚がいたこともあって気にはなっていたけど、 昔、その親戚からもらったCDのジャケットの歌手のイラストが子どもながらに恐..
Weblog: 散歩とcafe
Tracked: 2006-02-27 22:57