2007年05月06日

HERE'S THAT RAINY DAY

連休の終末は雨の週末。

“RAINY”な一日となりそうです。

何かの終わりは人を少しだけブルーにさせます。でもTIPIOGRAFIAは“COME RIAN OR COME SHINE”な店です。もしピアノを弾けたなら、BILL EVANSの手癖で鍵盤をポロロンと叩いてみるのだけれど、残念ながら楽器を嗜まず、机上で減らず口を吐くことしかできません。

こんな時はぜひ近場のカフェで雨の音をBGMにコーヒーを楽しんでください。シトシトという水の音と時折タンと軽快な水滴が裏庭のテントの布を叩く音がJBLのモニターとハーモニーを奏でます。今日は雨にぴったりな“RAINY”な選曲ととっておきのブラジルコーヒーでおもてなしいたします。

そう、BRASILニュークロップスタンプラリーキャンペーンも今日が最終日。ボーナスデーとして全5農園とも在庫あります。中には残り僅かなものもありますが、最後の追い込みを考えている方には朗報!

しかしよう降るなぁ。気ぃめいるわ。

     ………と我に返る。
posted by 焙煎師TIPO at 11:29| お店