2006年02月24日

Honey Cafe con Leche

いよいよ明日は「フラメンコの夜」です。楽しみですね。すでに定員20名近くの方々にエントリーをいただいております。人数分の椅子をご用意いたしますが、テーブルのスペースがないため、少し窮屈な思いをなされるかも知れませんが、お許し下さい。その分、心地よい音に包まれた臨場感が味わえます!

さて当日は表題のスペイン風のコーヒーを用意いたしまします。エスプレッソの苦味と蜂蜜と牛乳の甘みがひとつになって溶け合うドリンクです。多層になった液体を楽しめるようグラスで提供いたします。蜂蜜のゆかりの地、スペインのバレンシア地方のアラーニャ洞窟には紀元前6世紀頃の蜂蜜採集の場面を描いた壁画が残っているそうです。古のスペインに思いをはせ、フラメンコギターのメランコリアに浸ってください。

当日は19時より開場いたします。cafe CAMICA が簡単なサンドイッチ類も提供できるようにすすめております。なお、席の準備のため通常営業は18:30で一旦閉めますのでご了承下さい。
posted by 焙煎師TIPO at 12:37| Comment(0) | TrackBack(0) | お店
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/387933
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック