2006年02月19日

バケットとコーヒーがあれば幸せな人生

P1000578.JPG

米音痴です。うまい米とまずい米の境界はあいまいで、判読不能です。もちろんオムライス、牛丼を初めとする加工品には目がありません。単に白米自体の味わいに執着が無いのです。反面パンには明確な好みがあり、毎日パンでも一向に平気です。特にバケット好き!おいしいパン屋の判断基準です。バケットのうまい店にハズレなし!新しい店に出逢うとまずバケットを買います。
近所においしいパン屋がないので困っていたら、やっと恵みがありました。
桃山台駅近くの“a bientot”です。TIPOGRAFIAからは車で10分程度の距離です。これにおいしいコーヒーがあれば、バターかマーガリン片手に1本丸ごといけます。まだあったかかったので、思わずつまみ食いいたしました。フランスパンベースの調理パンやサンドイッチの品数も多く、お奨めのお店です。
しかし日曜日の朝はおいしいパンとコーヒーでほっこりしたいものですね。メニューにパンを加えよかな?と真剣に悩んでいる今日この頃です。
posted by 焙煎師TIPO at 10:07| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
アビアントのパン、美味しいですね。僕もファンですよ。
Posted by pianoman at 2006年02月20日 12:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック