2007年03月19日

卒業

通りすがりの近所の学校で卒業式が開催されていました。
ちょうどそんな季節なのですね。そういえば、先日からよく店へ来てくれていたお客様が「実は今日で最後です」「明日引っ越すんですよ。今日が最後だから来ました」と立て続けにコーヒーの飲みに来てくれていました。店を構えるというは定点で眺めることになります。そして行きかうお客様は卒業したり、引っ越したりといつかは移り変わっていきます。いつも来てくれたお客様がTIPOGRAFIAを卒業するのは悲しいことですが、それもまた避けられない宿命です。卒業式を見て、少しだけ感傷的になりました。

現在、メニューの全面刷新を進めています。これまでの基本は変えることなく、さらにいろいろなバリエーションを提供できるよう、連日連れ合いと喧々囂々と議論中。今回は特にサマーシーズンへ向けた刷新を狙っています。どうぞご期待下さい。
 
posted by 焙煎師TIPO at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3559926
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック