2007年02月07日

MARIANA BALTAR

mariana.jpg

ひさしぶりのブラジル、MARIANA BALTAR『UMA DAMA TAMBEM QUER SE DIVERTIR』です。ブラジルモノは、思わず触手が伸びるようなアタリがなく倦怠期気味………。でもジャケ買い(ジャズヴォーカルに多い、トリミングされた女性のアップ写真モノが基本)した、これはそれなりに気に入りました。カルトーラから、ジョアン・ボスコ“BALA COM BALA”、ジョルジ・ベン“ZUMBI”、テレーザ・クリスチーナと共演など幅広く楽しめます。二人の男性(ペドロ・ミランダとミルチーニュ)と掛け合いでトラディショナルなサンバを3曲メドレーで唄うM9が良好。ブラジル音楽の男女が会話の様に唄を交互にまわし合掛け合いが大好きです。所々アコーディオンの音色が心地よく寄り添い思わずク〜とさせます。取り留めのない感想ですが、結構好きかも。


posted by 焙煎師TIPO at 11:03| Comment(0) | TrackBack(0) | BRASIL
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3307545
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック