2006年01月22日

新たな季節 NOVO ESTACAO

気分はNONO ESTACAO……。

でも新たな季節はまだ遠いようですね。東京では雪が積もり、まだまだ寒い日が続いています。早く次の季節の到来を心から望みます。松任谷由美のトリビュートアルバム『QUEEN’S FELLOW』に収録されている槇原敬之の「春よ、来い」を繰り返し聴いています。この前、お客様のいない時も独り大音量で聴いていました。ちなみに松任谷さんにも槇原さんにも特別思い入れはなく、正直全く知りません。アルバムに収録されているクレイジー・ケン・バンドの「COBALT BLUE」を聴きたく購入いたしました。しかしこれはええ曲やわ。確かに、認めなしゃないわ。まあ、あまりにもベタ過ぎるけど……。ということで

「春よ!春よ!早く来い!」

と独り叫びます!ちなみにタイトルはエリス・レジーナのEMIオデオンのラストアルバム。
posted by 焙煎師TIPO at 12:09| Comment(0) | TrackBack(0) | musica
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック