2006年12月22日

小川洋子

薬指.jpg

小川洋子です。
いきなりはまりました。
食わず嫌いでした。認めます。
あたかも、適度に深く暗いけど不思議なくらい自分の丈にぴったりで、職人により巧妙に掘られた落とし穴に運命的に導かれるように落ちました。

映画『博士の愛した数式』の通俗性(個人的偏見ですね)が鼻に付き、避けていた作家ですが、偶然連れ合いの書棚から暇つぶしで手に取りました。最新短編集『海』から『薬指の標本』『まぶた』と気が付くとチェーンリーディングしています。多分全作読破まで当面続くでしょう。これはいつものセオリーです。好きな作家は毒を食うなら皿までと徹底して突き詰めます。

幻想譚とも言える、現実なんだか幻想なんだか、曖昧なリアリティの短編が秀逸です。いつも読者は突き放されます。5W1H的な合理的説明が意図的に欠如させてあり、エンディング(落ち)も曖昧で読後も宙ぶらりんの状態で漂います。飾り気のない静かで冷たい文体も好きです。説明は難しいのですが、大好きな空気感です。これらに一度はまると堪えられません。

そうなると、偏見だけで無視したフランス映画『薬指の標本』が観たくなります。よく見るといかにもフランス映画的な主演女優も好みのタイプです。果たして逃した魚は大きいのか?
posted by 焙煎師TIPO at 10:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 活字中毒
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/2644221
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック