2006年11月26日

音と言葉の残したもの

P1010160.JPG

サラバ楽団のライブ終了いたしました。遠く京都から駆けつけてくれたお客様もおられ、ご来店いただいた皆様には心から感謝いたします。もちろんメンバーのアットホームな唄と演奏にも素直に感謝!複数の弦楽器を駆使しながら、言葉を紡いでいくという体験したことがなかった新しい世界の音。そして弦の音と日本語の語彙の多様性を改めて感じさせたひと時でした。

            るんるん

さて、来週末(12月2日)はいつも通りコーヒーを楽しみながら、フラメンコギターを堪能できます。こちらもノンチャージ(無料)で新たなる世界が体験できるかも知れませんよ。
posted by 焙煎師TIPO at 09:58| Comment(0) | TrackBack(0) | お店
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1836123
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック