2006年11月01日

Arnaldo Antunes

2132639.jpg

トリバリスタスのArnaldo Antunesのソロアルバム『Qualquer』をリピートで流しています。弦楽器とピアノ中心のスカスカした音で、心地良い不思議な触感。かなりいけます。音の形容詞として“フォーキー”というワードが使われ始めたのは最近のような気がしますが、これぞまさしくフォーキーな音です。(あくまでも個人的な感覚で定義無し)アブストラクトだけど、どこか牧歌的な土臭さも感じます。DADIのベースにダニエル・ジョビンのピアノ、そしてバックのエレクトリックギターの密かな音がヤバイ。曲もDADIのソロアルバムの“2 PERDIOS”NOVOS BAIANOS“ACABOU CHORARE”など聴き所たんまり、駄曲なしのフルコースアルバムです。
posted by 焙煎師TIPO at 13:07| Comment(2) | TrackBack(1) | BRASIL
この記事へのコメント
はじめまして。

Arnaldo Antunesの記事を検索してたら辿り着きました。写真見ていましたら、めちゃくちゃ良いお店そうですね!しかもブラジル音楽やジャズにお詳しく、感動してこのブログの最初から最後まで全記事を一気に読んでしまいました。いやいやもう素晴らしすぎます。

しかも私、池田に住んでおります。こんな素晴らしい場所が近くにあるなんてさらに感激でした。

近いうちに必ず行きます!その時は嫌がらずに相手して下さいね。コーヒーも楽しみにしております。ワニさんの漫談会行きたかった!

ちなみに5月のマリーザの東京公演は行きますよ〜。



Posted by Blacksmoker at 2007年03月03日 02:56
はじめまして。トラックバックとコメントありがとうございます。こうして偶然の縁で誰かに知り合えることは人生のスパイスです。お店へぜひお越しくださいね。今度ブログにも遊びに行きます。当方もマリーザはチケット確保いたしました。
Posted by TIPO at 2007年03月03日 12:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1633503
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

ARNALDO ANTUNES [Qualquer]
Excerpt: 素晴らしすぎる傑作。ブラジルには素晴らしい天才がまだまだいます。 ブラジル音楽界の奇才アルナルド・アントゥネスの2年振りの新作「クアルケール」。以前は変態度バリバリのアヴァンギャルドな人でしたが..
Weblog: Don't trust under 30.
Tracked: 2007-03-03 03:01