2006年10月29日

AFTER HOURS

お祭りの後はどこか寂しいものです。
こうしたイベントの後は肉体的には疲れていても、妙に神経がクリアで同時に物寂しさを感じます。
3回目となる店舗ライブも盛況で終えました。

ソウルフルな肉声を寄り添うピアノで聴かせて泣かせたTETSUNARI & KIICHI
のおふたりです。

P1010126.JPG

ラグタイム・ジャズをソロピアノをリズミカルに、併せて思いを込めた唄も披露してくれたPIANOMAN KAMINEです。

P1010138.JPG

二十数名の来客者に加え、スタッフを含めた人の熱気でもはや11月だというのに冷房をフル回転させる盛り上がりでした。
何かのコトを達成するとそれに関係する全ての人に心から感謝を捧げたくなります。ご来店いただいたお客様はもちろん、素晴らしい一時を演出してくれた演奏者、そして店主を影ながらサポートしてくれたスタッフ。全ての皆様に愛を込めて感謝いたします。人は必ず誰かにに支えられ進んでいきます。昨夜の一時を共に過ごせたことを心に刻み、感謝いたします。さあ、次回も気張りまっせ!
posted by 焙煎師TIPO at 13:22| Comment(3) | TrackBack(1) | 日記
この記事へのコメント
お客様も満員で、素敵な夜でしたね。楽しく演奏できました。本当にありがとうございました。是非またLiveさせてくださいね♪
また奥さんと美味しいコーヒーを飲みに行きますよ。これからもよろしくお願いいたします。
Posted by kamine at 2006年10月30日 00:23
熱演ありがとうございます。
素晴らしい一夜でした。
Posted by TIPO at 2006年10月30日 09:22
写真を自分のHPのプロフィール写真に使わせていただきました。事後報告ですいません。
きれいに撮っていただいてありがとうございました。
Posted by kamine at 2006年10月31日 12:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1597182
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

ピアニスト:西村由紀江
Excerpt: 西村由紀江さんは、ニューエイジ・ミュージック(ヒーリング・ミュージック、イージーリスニング)の担い手として、国内外で活躍するピアニスト(音楽家)です。
Weblog: ピアノ音楽アーティスト〜西村由紀江のピアノ
Tracked: 2006-10-30 00:42