2006年10月26日

サラバ楽団

週末の店舗ライブもいよいよ近づいてきました。店主自身大変期待しておりまっせ!

といいつつも次のライブが決定したしました。

 演劇サラバ楽団 ワンマンコンサート@TIPOGRAFIA 

 位置情報日時;11月25日(土)開演19:30(開場19:00〜)
 
 位置情報チャージ;1500円(ワンドリンク付き)

サラバ楽団とは言葉を大切にしながら世界中を冒険し、発見した言葉で唄を奏でる表現者です。“サラバ”は日本語の“さよなら”の意であり、“サラヴァ saravah”としてアフリカに語源を持つポルトガル語で“祝福”の意味があり、バイオリン、マンドリン、ズブーキ、ウクレレなどの多種にわたる楽器を駆使する鈴木こうとギターと唄の三上こうへいのデュオです。当日はいつもと少しだけ違うTIPOGRAFIAをジャンルレスで言葉と音で彩ります。

ふふ、ブラジルビール、カイピリーニャ、SWEETS、サンドイッチ(もちろんコーヒーも!)も企画中!コレも期待して下さい。20名限定のため、ご希望の方はTELまたはお店でご予約下さいね。電話06−6849−6688
 
posted by 焙煎師TIPO at 10:51| Comment(0) | TrackBack(0) | お店
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1556238
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック