2006年09月22日

シフォンケーキ

P1010087.JPG

ただ今の気まぐれSWEETSです。そう!安定供給できず定番無き甘党メニュー構成を開き直って「気まぐれ」と称します。まるでその場限りの信念なき改革の様です。

さて今回は極めてシンプルなプレーンシフォン。
エフェクターをかけないギター弦の生音の様な密かに魂の底と共鳴する味わいです。まずはできれば素で味わってみて下さい。そしてヴァリエーションとして苺ジャムかハーシーズのチョコレートシロップを用意いたします。コーヒーと生地が裸で「てや!」と戦う一本勝負という感じです。これぞまさしく武士道!魂の180円でお得価格な〜り。

昨日「ボサノヴァカフェなのになんでクレイジ・ケン・バンドが大音量で流れてるの?」との声。確かにHanakono WEST によるとTIPIOGRAFIAは「ボサノヴァ・カフェ」らしい。でも最近正統派ボサノヴァを流さす、CKBやら変なジャズハープのムード音楽もどきやマルタ・アルゲリッチのピアノとか流してます。かなり変な選曲です。さて今日はシフォンに合せて何が流れるか?それは神のみぞ知る!
posted by 焙煎師TIPO at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | お店
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1311083
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック