2006年08月26日

JOHN JENKINS WITH KENNY BURRELL

jenkin_john_johnjenki_101b.jpg

毎朝、開店前の1枚として棚から目に付いたCDを気まぐれで引っ張り出しプレイします。

今朝はコレ!ハズレなしのBLUENOTE1500番台からアルトサックスJOHN JENKINSのアルバムをピックアップ。やはり鍵はKENNY BURRELLのギターですね。ブルージーなギターが存分に楽しめます。サックスリーダーの垂れ流し系ブロウの演奏を好まないのですが、リズムセクションがタイトであれば良しとします。コロコロと転がるSONNY CLARKのピアノとビンビンなPAUL CHAMBERSのベースにKENNY BURRELLのギターがあれば怖いもの無し!久しぶりに針を落としたのですが、思わず聴き入ってしまいました。いかにもBLUENOTEなタイポグラフィと色使いのジャケットも大好きですね。
posted by 焙煎師TIPO at 10:10| Comment(0) | TrackBack(0) | musica
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1190572
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック