2006年08月03日

中山可穂

毎日暇なのでたっぷりと本が読めます(自虐的発言)

最近は中山可穂をチェーンリーディングしています。
いきなり“ビアン”と書かれても何それ?という感じでこの人のセクシャリティに関しては興味がなく、主人公のほとんどが同性愛者(女性)というのもいささか解せません。でもこの点に目をつぶれば、どこか冷めていながらも粘着質な描写力のすさまじさ!絡みつくような筆力は見事です。久しぶりに(ストーリーでなく)文章そのものにメロメロにやられました。

024142200000.jpg

まずは『弱法師』。
能をモチーフにした現代の不可能な愛のかたちだそうです。冒頭の献辞がレスリー・チャンというのにいやな予感はしたのですが、予想を裏切り傑作です。特に「卒塔婆小町」がすげぇ!夭折した作家とその担当編集者の物語です。

 わたしは小説を読むことが商売なので今さら小説で泣くことなんて
 ないのだが、これにはやられた。お涙頂戴の人情ものなんかでは絶対
 泣かないのに、剥き出しの無垢な精神が不器用に傷ついているさまに
 触れると、不意にざっくりと斬りつけられることがある。

という担当者がほれ込んだ作家との関係は

 一匹の悪魔と百匹の天使を自身の中に飼い馴らしているのが作家なら
 百匹の悪魔と一匹の天使をおのれの内に棲まわせているのが編集者だ。
 それがわたしだ。女衒のように作家に近づき、その肉体から彼の命を
 ―小説を―最後の一滴まで絞り取る。からからに涸れ果てるまで、廃
 人になるまで、自殺して死ぬまで、追い詰めて攻め立てて抱きしめて
 ひれ伏して爆弾落として夜露に晒して火をつけて水を浴びせて踏みつ
 けて踵を舐めてめったやたらに引き裂いて。この仕事は借金取りに似
 ている。わたしは神に代わって、作家が神から借りた金―才能―の取
 り立てをしているのである。

と描写されます。長い無断引用ですいません。でもこの描写にメロメロ!やはり中山可穂は只者ではありません。個人的に「文章の浸透率」と呼んでいるものがあります。もちろん具体的な数値ではないのですが、ある文章がその個人にどれだけ染み入るか、入り込むかを示す基準です。人と人のように相性があります。作者の意図とは異なる勝手な思い込みかも知れませんが、文章を読んで「クー!わかる!わかる!いいねぇ!」という感覚です。相性が悪い(浸透率が低い)と正確な情報伝達がなされず、単に活字が網膜上を流れ、脳内で読解されません。相性の良い文章は即脳内に浸透して蓄積されます。その点ではこの人の文章はやばいくらいに入ってきます。
他の2編「浮舟」「弱法師」も素晴らしい!大変気に入りました!トータルで☆5つ(満点)をあげます。

026838990000.jpg

次は『ケッヘル』。
上下にわたる長編小説です。モーツアルトの音楽を巡る物語です。タッチは篠田節子の様であり、村上春樹の様です(勝手な個人的な主観です)。複数人物の主観描写がパズルの断片の様におさまる構成は見事!ぞくぞく登場する奇怪な人物がそれぞれに魅力的で読ませます。『弱法師』の様なヒリヒリと張り詰めた描写は抑制されていますが、300ページを超える上下巻を一気に読ませる傑作です。こちらもお気に入りで☆4つあげます!

そして現在はブックオフの100円コーナーで探してきた『感情教育』に挑戦中です。当面はまりそうな作家です。

posted by 焙煎師TIPO at 09:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 活字中毒
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1064528
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック