2006年07月31日

VIBE ALIVE!

ch005256.jpg

時々TIPOGRAFIA階上に隠された秘密のCDアーカイブを探索します。
今回、再発見したCAMELLE HAINDSの2000年名盤『VIBES ALIVE!』です。
スタイルカウンシルのベーシストとしても活動していましたUKソウルの男性シンガーです。久しく聴くとやっぱりいいですね。まずはM-1のリロイ・ハストンのカバーでやられ、そして何といってもドナルドフェゲン“I.G.Y.”をベースにしたM-5には息を止められます。もう6年も経つのですが今聴いても古臭くは感じません。梅雨明けの夏の夜には心地よい音です。
何とも温故知新な定休日の夜です。さて、他にも名盤を発掘をしてみましょうか!
posted by 焙煎師TIPO at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | musica
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1056104
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック