2006年07月21日

ブラジルのビール

雨雨雨雨雨……。本当によく降りますね。心にカビ生えそう!天気予報によると梅雨明けがずれ込むようです。早くカ〜ッとギラギラして欲しいものです。そして夏といえば、ビール!最近、あちらこちらの輸入ビールコーナーを探索しておりました。でもブラジルのビールどこにも見当たりません。唯一取り扱っていたのが深江の「ブラジリア」です。同じ中南米でもメキシコ(コロナ)なんかはどこでも比較的格好安い値段で流通していますが、ブラジルは皆無……。

先週、ようやくある輸入商社を探し当て、“SKOL”というブランドの仕入れが可能となりました。どうやらブラジルのビールの賞味期限は6ヶ月と定められているため、取り扱いに抵抗があるようです。船便で日本まで到着するのに1ヶ月程度(コーヒー豆も基本同じ)要するため、実質の販売期間は最長で5ヶ月といっても、日々賞味期限のカウントダウンが近づいてきます。これでは商社としては輸入に躊躇しますね。量販店で取り扱いにくいのも当然です。

手に入らないと、あえて手に入れたくなるのは人の常!ふふふ、完全限定数ですが仕入れましたよ。デビューは来週金曜日 Cheiro de Agua のライブです。まだ席は多少余裕があります。夏の夜!さすがに梅雨は明けてるよね(希望的観測)!ビール(そしてカイピリーニャ)とショーロでブラジルを堪能できますよ!でも音に酔っても、酒に酔いすぎは厳禁!

ビールそしてTIOPOGRAFIAはあくまでもコーヒー屋(!)ですが、夏季期間限定でブラジルビールをメニューに加えます。本音は抱えた在庫を秋迄に飲みつくさなければなりません。はは、正直に書いてしまった!販売価格、時間帯などは後日広報いたしますね。お楽しみに!
posted by 焙煎師TIPO at 10:55| Comment(0) | TrackBack(0) | お店
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1004738
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック