2007年04月06日

雑記

?u???W?????s?L 009.jpg

まさしく花冷え。
四月、桜は爛漫、近くの小学校では入学式が開催されていましたが、独り店で震えています。水出しアイスコーヒーが店頭デビューするやいなや、クールネスが寒気を呼んだごとくひえひえです。バンバン忙しくって、業務に追われていたら、さほど寒さも感じないのですが、静寂は寒さが心の奥まで染み入ります。外は豊かな日差しに包まれ、ぽかぽか陽気かも知れません。こんな日はぶらぶらと出かけたくなりますね。

先日、ネットで店名をお客様の公募で変更するというカフェを見つけました。なんと大胆な。面白いけど、アイデンティティに関わる部分ですから、小心者としてはそこまでは踏み切れません。やはりいじり易い部分と言えば、メニューですね。あれやこれやと妄想しているのは結構楽しいものです。思いを拡げ、変えていくべき部分と変えずに届けていかねばならない部分があります。TIPOGRAFIAが突然自家焙煎黒豆屋や中古レコード屋にはなりませんので、ご安心下さい。誰も心配しないか……。

今日は取り留めない雑文です。では明日にまたお会いしましょう。さよなら。
posted by 焙煎師TIPO at 12:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記