2007年03月03日

en Mexico

img048ff00ff.jpg

連れ合いの桜攻めに対抗して新作コーヒーの登場です。
今回の中南米コーヒーの旅はメキシコ、その名はずばり……

  en Mexico

です。メキシコのネーミングでそのまんまやんけ!とヒネリをなささを露呈していますが、もちろんモトネタは『Joao Gilberto en Mexico』。だからちゃんと“メヒコ”と発音して下さいね。アメリカから逃避行の末のメキシコで時代の録音です。その昔、この隠遁生活の事実を知らず、なぜブラジルなのに“BESAME MUCHO”を唄っているのか、訳がわかりませんでした。
ちなみにアメリカでジャズメンやポピュラー歌手の“LATIN”企画モノには必ずこの曲と“BRAZIL(a.k.a.AQUARELA DO BRASIL)”が入っていて、ブラジルもメキシコも中南米みんな同じ、個別認識不要な大風呂敷が常でした。現在もそうです。日本も中国もみんな同じ“ASIA”括りで、先日のアカデミー賞でも『ディパーテッド』のモトネタ『インファナルアフェア』は日本映画と説明されていました。何ともいい加減なジコチュウな国です。おっと脱線してしまった。豆の詳しい素性は不明ですが、一応有機栽培です。野菜の様に虫食いだらけが有機農法を感じさせますが、ほんとは選別、精製がいい加減なだけ?でもちゃんとハンドピックして、中煎りに仕上げました。そして肝心の味わいです。そのものずばり“酸味”を味わうコーヒーです。力強い酸味静かに口内に拡がり、すっきりとした喉を抜けのいい味わいです。苦味はほとんど感じられず、主張する酸味と向き合うことを余儀なくされます。好みは分かれるかもしれません。乗るか、反るか?選択は二つに一つ。酸味が苦手でもあえて挑戦してみるとベサメムーチョな世界が待っているかもしれません。うふ。
posted by 焙煎師TIPO at 14:20| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

桜味ホリック

今週末もウィークエンドシャッフルという名のお得なケーキセットのご案内をば。
春の新作やバージョンアップものなどあわせて5品ご用意致しました。

「はちみつミルクのプリンケーキ」
「アップルシナモンのキャラメルプディング」
「ジューシーオレンジケーキ」

P1010279_edited.JPG

前回大変ご好評いただいたプリンケーキ(写真手前右)。今回ははちみつミルクのとろけるプリンがスポンジ生地の上にのっかってます。
アップルシナモン(写真奥)のほうは、クロワッサンのパンプディングに煮りんごとキャラメルクリームをたっぷりのせて焼き上げました。
オレンジケーキ(写真手前左)は完熟ネーブルオレンジをふんだんに使い、とてもしっとりとしたバターケーキ。

そして、丑三つ時に熟考を重ねた春らしいケーキ
「桜といちごのロールケーキ」

P1010278.JPG

桜の花と葉を刻んで焼いたスポンジで、これまた桜の花と葉、そしていちごソースが入ったクリームをたっぷりと巻きこんだ桜づくしのロールケーキです。
画像にはのってませんがもう1品は「チョコチャンクスコーン」デカイことはいいことだと、こと食べ物に関してわかりやすい思考を持った店主イチオシです。ビターチョコがざくざく入ったとてもボリュームのあるスコーン。

今日はおひなまつりということもあり、本日ご飲食か商品を何かお買い上げいただいたお客様に、自家製の「桜クッキー」をおまけにおつけします。数に限りがありますので、どうぞご了承下さいませ。

実はワタクシ「チョコレートホリック」でもあるのですが、「桜ホリック」でもあるのです。桜味のものがたまらなく好きで、この春めいた時期になるとお惣菜から和菓子洋菓子に至るまで、目に付いた桜フレーバーのものは片っ端から買い尽くしてしまいます。なので、趣味と実益(?)を兼ねるべく桜味のスイーツもどんどんとお出ししていきたいなと思ってます。(偏らない程度に)

桜味は大好きなんですけど、桜を愛でることに関してはそれほど熱心でないのはなぜかしらん?
posted by 焙煎師TIPO at 13:07| Comment(0) | TrackBack(1) | はなtalks