2007年01月05日

CLYDIE KING

clydie.jpg

DMRで入手した再発CLYDIE KING『DIRECT ME』

看板のこの女性に前知識は一切無く、完全にクレジット買いです。ギターにDAVID T. WALEKER(ワウワウ弾きまくり)、オルガン・ピアノにBILLY PRESTON、ドラムにPAUL HUMPHREYとコテコテ軍団が勢ぞろいしています。ハスキーに叫んだり、唄ったりと緩急自由自在な声を堅いバックが引っ張ります。さらにSONNY FORTUREのREEDSにゴスペルなバックコーラスも入り乱れ、ウネルウネル!これってスワンプ?アタリの買い物です。

ちなみにDAVID T. WALKERが大好きです。10年位前、ライブで“WHAT'S GOIN’ON”を聴いた時、知らぬうちに泣いていました。なぜギターがここまで人の心をかき乱し唄うのか?最近、ソロアルバムが一気に再発されましたが、この人はどちらかといえば脇の人です。バックで参加しているアルバムにハズレはありません。音数は少ないのに伝わる波動(情報)は余りにも多く、一音でパーソナリティが表現できるすごいギターリストです。
posted by 焙煎師TIPO at 11:05| Comment(0) | TrackBack(0) | musica