2006年10月06日

新兵器登場

4056ba25-s.jpg

ウオーターオーブンというらしい。店主には馬の耳に念仏、猫に小判、豚に真珠という代物ですが、使える人が使うとすごいらしい。先日の定休日に量販店で散財して、本日堂々ご来店な〜り!

さて、これで何をするかといえば、TIPOGRAFIAのFOOD化を図るのです。ある日、何かすげ〜メニューが増えてるかも知れません(あくまでも勝手な推測)。
posted by 焙煎師TIPO at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

INCOMPATIBILIDADE DE GENIOS

artist-joao-bosco.jpg

あるMIX-CDで聴いたTHE DIANE MARINO QUARTETの曲につかまり、余りにも泣けてくる素晴らしい曲なので何度も早送り・巻き戻しを繰り返して聴いていました(MIX-CDなので個別トラックがふっておらず、アナログに頭だしするしかないのです)。曲はどうやらJOAO BOSCOのカバー“INCOMPATIBILIDADE DE GENIOS”。そういえばアルバム『GALOS DE BRIGA』『NA ESQUINA AO VIVO』に収録され、棚にもありました。

いつもながら何で気が付かないのでしょうね。何度も聴いている曲なのに、ある日突然として心をわしづかみにされる。この人の曲はリズムがクリアーなのに思わず口ずさんでしまうメロディがあり、本当にいい曲です。一旦はまると最早抜けられません。先日は“BALA COM BALA”に囚われの人になりました。

DIANE MARINOはジャズ畑のピアノ・ヴォーカリスト、ルックスはライザ・ミネリ(古い映画ファンしか判らん?)のようなお姉さんです。編成はサックス(フルート)を含めたクアルテットで、マイルス・デイヴィス、チャーリー・パーカー、ベニー・ゴルソン、ホレス・シルバーといった王道の曲に加え、ジョビンもカバーしています。やはり白眉はM-2のJOAO BOSCOのカバー。原曲はギター中心の音数の少ないアレンジですが、くさいサックスとベタなピアノにポルトガル語の唄が乗り、間奏部分のピアノソロの転がるメロディにはクー!と泣かせます。確かにMIX-CD映えするキラーチューン!メロディアスで意外な名曲のカバーでもアーティストは全く無名と選曲者の冥利に付きます。

などなどと思いを馳せていたらディスクユニオン通販から忘れた頃に届いたDON WILNER『FIGMENTS OF MY IMAGINATION』にも同じ曲が入ってました。おおおおお!何というシンクロニシティ!これだからレコ漁りが止められません!こちらはギターとピアノのアレンジで同じく女性ヴォーカルが乗ります。かなり似た感じでこれもいいねぇ!
posted by 焙煎師TIPO at 16:14| Comment(0) | TrackBack(0) | BRASIL

ロハスフェスタ

来週10月9日(月)に開催されるロハスフェスタのお知らせです。
 
 ◎場所;万博公園「下の広場」
     ※大阪モノレール「万博記念公園」駅より徒歩
     ※車の場合は日本庭園前駐車場(有料)をご利用下さい
 ◎時間;10:00〜16:00(雨天決行)
 
 ◎手作り雑貨、アンティーク、リサイクル品などのフリーマーケット
  大道芸、ミニSL、教室、イベントなど盛り沢山の内容です

TIPOGRAFIAはフード&カフェコーナーにこの日のために考案された「ロハスブレンド」とスコーンなどコーヒーにぴったりの手作りSWEETSを用意いたします。

さて気になる「ロハスブレンド」ですが、本日試作品が完成いたしました。南米の二大コーヒー生産国ブラジルとコロンビアの厳選された豆がアジアな香り(インドネシアマンデリン)に出会いました。コーヒーを巡る世界の旅が一杯のカップの中に凝縮されています。アーシーで深いこくのある絶妙な味わいです。店舗での販売、豆売りはいたしません。会場で味あうしかありません!ちゃんとコーノ式円錐フィルターで一杯点ていたしますよ。そしてSWEETSも腕によりをかけ3種類を考案中!すべて200円均一です!安っ!

多分良い天気のはず!ですよね?晴れますよね?FEEL GOOD な秋の空の下でゆるゆると過ごせます。ぜひお越し下さいね。ということで豊中のお店は祝日ですが臨時休業いたします。その代わりに翌日火曜日の代休はなしで通常営業いたします。こちらもよろしくお願いいたします。

それでは当日会場でお会いましょう!チャオ!

posted by 焙煎師TIPO at 11:28| Comment(0) | TrackBack(1) | お店