2006年09月23日

プレミアムスクリーン

昨日開業したTOHOシネマズ なんばです。
オープン記念としてプレミアスクリーンが1000円(通常2400円)に、事前にWEB予約で席を押さえ早速物見遊山へ出発!南街会館世代としてはマルイと一緒になった商業ビルを見上げると不思議な気分です。共有ホールから階上へ上がり、バブリーで無機質なエントランス(仰々しい専用自動ドアが迎えてくれます)抜けると赤と黒を基調とした専用ラウンジへ。チケットにはドリンクかポップコーンが付いてきます。席数40席とミニシアター並ですが、音響は抜群で、リクライニングシートに室内履きスリッパとブランケットのサービスといった過剰な心遣いで迎えてくれます。場末のションベン臭い映画館の1800円と比較すると決して高くないサービスかな?少しだけセレブな選民意識を刺激されたい方、相方に見栄を張りたい方にはぜひお奨めです。男性なら初めてのデートに意中の彼女をタキシード姿でココへ招待すると「ふふ!わたしもこれでちょいセレブよ!」と喜んでくれること請け合い?

ちなみに観た映画は何も語りたくない

  『X-MEN:ファイナルディシジョン』

です。前作までにそれなりに作りこんだキャラクターをボコボコと簡単に葬り去り、バタバタ人を殺し、挙句の果てに無理矢理シリーズを終わらせたとしか思えません。全くどうしようもない映画で記憶から葬り去りました。
posted by 焙煎師TIPO at 10:56| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画

北の国から

92282.jpg

中塚武『南の国からE.P.』
さだまさしによる“北の国から”のテーマのサンバハウスカバーです。バトゥカーダなパーカションの乱舞にサンバホイッスル!でもメロディーは例の“♪らららららららららら〜”です。なんじゃこれは!という感じでかなり笑えます。まさに、南へと無理やり連れて来れれたキタキツネがアッパー系の薬を摂取しオールでサンバダンスを踊っている様な悪夢です。
posted by 焙煎師TIPO at 10:29| Comment(2) | TrackBack(0) | BRASIL