2006年09月16日

お楽しみ期間

P1010079.JPG

コーヒーは生鮮食料品です。
焙煎後、粉砕後に確実に経時変化いたします。

でも腐ったり、カビが生えたり分かりやすい変化には乏しく、見過ごされがちです。数ヶ月から1年たっても表面は変わらず、うまいか、まずいかという点を除けば十分に飲め、別にお腹はこわしません。現に市場に出回っているコーヒーメーカーの商品の賞味期限は3ヵ月〜1年位は当たり前です。

焙煎後の時間経過の度合いを図るには実際にペーパーフィルターでドリップしてみれば明確です。少量のお湯を静かに粉面に注ぎいれます。しばらく待つと、内部よりムクムクと膨らんできて表面がコッポリと膨れ上がります。対照的に古い豆はべちゃと表面が落ち込みます。どうやらコーヒー屋にとって当たり前のこの風景も一般の方には驚きのようです。日常的にパッケージには新鮮さを謳いながらも、いかに古い豆をつかまされているかが明らかです。

TIPOGARFIAのコーヒー豆の販売の際、徹底している点があります。それは

     焙煎日を明確にすること

です。販売時にその日付を提示するのではなく、具体的に焙煎した日を明示いたします。一般的な商品には製造日として提示していても、焙煎日があいまいなものも多いようですが、かの中川ワニ氏も「コーヒー屋が焙煎日を具体的に提示することでプラスはあってもマイナスはないはず」と主張していますが全く同感です。商品の情報開示は決して企業秘密でなく、お客様の必要性です。
焙煎日はTIPOGRAFIAの豆袋タグに捺印しており、豆によって順次焙煎しているためすべて異なります。購入時に気になるようであれば、店頭でご確認下さい。すべて正直にお教えいたしますよ。ちなみに煎りたて当日より少し(2、3日)置いた方が味わいが落ち着き、おいしくなります。

加えて、提示しているのが「お楽しみ期間」です。賞味期限とはニュアンスが異なり、あくまでも「おいしく」いただきための目安期間です。それは

     粉(粉砕後)なら10日間
     豆なら4週間


を目安としております。理想的には、できるだけ早めに消化して、飲みきれる分のみ購入していただきたいものです。

そう、コーヒーは生鮮食品です。この点はお忘れなく!
posted by 焙煎師TIPO at 11:17| Comment(0) | TrackBack(1) | コーヒー

連休中の営業について

忘れてた!
今日から世間的には3連休なのですね。

 ………ということで敬老の日の月曜日はもちろん営業いたします。

代わりに19日(火)は定休日となります。
あいにくの天気ですが、ホットコーヒーがおいしく感じる季節になりました。へんなグアテマラとか、煎りたてのケニアとかいろいろ用意して待っております。ガトーショコラもあと4つしかない(もしくはまだ4つもある?)。

どうぞおいでやすぅ。
posted by 焙煎師TIPO at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | お店

2006年09月15日

店頭ディスプレイ

P1010076.JPG

TIPOGRAFIAはレコ屋じゃありません。紛れも無いコーヒー屋です。時々飾ってるレコードは変わります。全くの気まぐれです。

位置情報今日はコネタの投稿が多い日だ。
posted by 焙煎師TIPO at 12:43| Comment(0) | TrackBack(0) | お店

お花

P1010077.JPG

いただきものです。花はいいですね。TIPOGRAFIAカラーの黄色が映えます。
posted by 焙煎師TIPO at 12:40| Comment(0) | TrackBack(0) | お店

ガトーショコラ



600x600-2006051300019.jpg

ベルギー産の高カカオ(80%)チョコレートとよつばバターをふんだんに使用したガトーショコラです。写真はジャケットが大好きな全く関係のない“オス・ガトス”です。昨夜、密かに時々豊中に通う嫁が作りました。コーヒーには絶妙の相性の大人の味です。実物は左斜め下 気まぐれ限定品で180円な〜り。

P1010075.JPG

手(チョキ)ふふふ、わざわざケーキケースまでアスクルで買ってしまった。見せて魅せます!
posted by 焙煎師TIPO at 12:37| Comment(0) | TrackBack(0) | お店

MUSIKAFFEE #003

忘れた頃にやってきたコーヒーにぴったりの音楽を探す旅“MUSIKAFFEE”第三弾です。ありふれた広告風の言い回しならコーヒーと音とのマリアージュです。そういえば4月16日4月3日にありましたな。完全に忘れてましたわ。ははは!ということで久しぶりに復活!テーマは“生の弦音”を聴く!ジャンルレスで気まぐれに集めてみました。

MUSIKAFFEE #003 
@KURT RODARMER ☆ ARIA(from THE GOLDBERG VARIATIONS)
  グールドのピアノもいいけどギターも悪くない

 AJOE PASS ☆ HOW HIGH THE MOON
  退屈しないギターソロです

BJERRY GALCIA & DAVID GRISMAN ☆ MILESTONE
  マイルス・デイヴィスの曲をあのグレイフルデッドのギターが!

CNOVOS BAIANOS ☆ ISABEL(BEBEL)
  切ない旋律に涙します

DLUCIANA SOUZA ☆A FLOR E ESPINHO/JUIZO FINAL
  ギターと声のデュオだけで心をかき乱します

EGRETCHEN PARLATO ☆ FLOR DE LIS
  ジャバンのカバーですがヤバイ位に!

FJOAO BOSCO ☆ BLA COM BLA
  ギターのリズムの極意

GJOHN CHRISTHER SCHUTZ ☆ PASSION
  スウェーデンのボサ風インチキポップス

HADYEL SILVA ☆ TRIHOS URBANOS
  いいねぇ、たまらん

IMINA ☆ MINA
  キューバの歌姫!後半にあの曲のフレーズが!

JKORA JAZZ TRIO ☆ LA MER
  今年も海には行かなかった!

KDORIS MONTEIRO E MILTINHO ☆
FOI UM RIO QUE PASSOU〜EM NINHA VIDA〜PALMAS NO PORTAO
〜PERGUNTE AO JOAO〜TRSTEZA
〜VOU ANDAR POR AI
〜VAI,QUE DEPOIS EU VOU
  紡がれていくアレンジが心地よし

LGILBERT GIL ☆ CAN’T FIND MY WAY HOME
  ブラインドフェイスのあの曲です

MISARAEL KAMAKAWIWO’OLE ☆ 
OVER THE RAINBOW/WHAT A WONDERFUL WORLD
  ベタな名曲を軽い弦音で心地よし

NTONIHO HORTA ☆ ASA BRANCA
  ギターとアコ−ディオンによるエンディングテーマ

さらに実際にCDに焼いてみました。皆様にもおすそ分けです。欲しい方は先着3名様分(限定3枚)を用意しておりますので、ご来店の際、「ブログを見ました」と欲して下さい。もちろん無料でお分けいたします。
posted by 焙煎師TIPO at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | musica

2006年09月14日

謎のグアテマラ

10-01_img.jpg

本日、新登場のグアテマラです。先週末、河野塾長に送っていただいた豆です。早速、命名いたしました。
 
   謎のグアテマラ

ウエウエテナンゴ地区の1500メートルを越える高地栽培のブルボン種でアルテュロ・アギレイ・エスコバル氏の古くから歴史のあるエンルインフェルトウーノ農園です。完熟豆のみを手摘みで収穫し、山間の湧き水を使って水洗処理し、天日乾燥させた手間隙かけた贅沢な一品!品質コンテストにもしばしば受賞している農園です。

さてこうして素性が極めてはっきりしているのになぜ「謎」なのかは謎です。意味不明の茶化したネーミングを付ける店主の心の方が十分に謎か?

余談はさておき、ぜひ皆様も味わってみて下さい!
香ばしい甘味に隠されたほのかな良質の酸味が見事です。クリアーな液体はクセがなく口内に柔らかく拡がります。なかなか良質なブルボンです。百聞は一見にしかず!ぜひぜひ!限定品ですので、今後定番化するかはお客様の反応次第です。今、飲まなきゃいけませんでえぃ!

本日より喫茶・豆売りで提供中、豆は100g450円な〜り。

posted by 焙煎師TIPO at 10:27| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

2006年09月13日

GABOR SZABO

230.jpg

ハンガリーのブタペスト生まれのGABOR SZABOの再発されたスカイレーベルに録音された『BACCHANAL』です。いわゆる正統的なジャズギターと触感が異なり異端扱いされたギターリストです。確かに、聴いていて安らぐタイプではなく、ひりひりと張り詰め、緊張を強いる音色です。寡黙に攻められているよう感じがします。思い出したのがVELVET UNDERGROUND、ルー・リードとジョン・ケールの神経をかき乱す様なヒステリックな音のアンサンブルに似ています。特にM-1。ドノヴァン(2曲)、“恋は水色”“THE LOOK OF LOVE”などのポップソングもカバーしており、決してダークなアルバムではありません。そして実は結構気に入りましたね。
posted by 焙煎師TIPO at 11:48| Comment(0) | TrackBack(0) | musica

2006年09月12日

師匠

P1010064.JPG

9月でコーノ式珈琲塾に通い始め、師匠と出逢ってまるまる2年となります。

15年ばかり勤めた会社の退職を決め、開業の意思はあれども知識も技術もなく、あちらこちらのセミナーや講座に参加していました。コーノ式珈琲塾はその中のひとつでした。有給消化中のため、仕事はなく、時間だけは十分あり、東京まで夜行バスで出向きました。思えばこれが今の人生の最大の決断だったんでしょう。いつもそうですが、これからの生き方を左右する岐路の選択がいつも適当で、その瞬間は何も考えず流れに身を任してしまう傾向があります。でも結果は概ね大外しはしていません。悔いの無い人生です。そしてこの選択により現在のTIPOGRAFIAは存在します。東京でこれまでの人生で最良のコーヒーに出逢い、この味わいを誰かに提供するために賭けました。純粋に自分の惚れ込んだ味わいをバイアスをかけることなく再現し、地元大阪のお客様に味わって頂くことを目標としたしました。

師匠とそのコーヒーを全面的に信頼しています。これからもその点は自分の魂の原点であり決して変えることは無いでしょう。

実はTIPOGRAFIAのブレンドをカップしていただきました。現時点で当人にとって最良の味わいであっても、コーヒー道は五里霧中、いつも味わいは逃げていき、決して掴み取ることが出来ないものです。多分、100%のコーヒーは永遠に手に入れることはできません。液体を軽く口に含み、即答で「コロンビアが深いのでは?」「ナチュラルのブラジルを使った方がよいのでは?」と端的に指摘。早速、ブレンドの配合と焙煎を変え修正すると、確かに格段にうまくなりました!すげえ!ということで現在店頭のブレンド「サラヴァ」と「トロピカリア」は密かに修正版です。密かに味わってみてください。

さて、週末の講義もひとつの出逢いです。参加された方々にとって、2日間をどう感じたのでしょうか?コーノ式のコーヒーが僅かでも誰かのこれからの人生を彩るスパイスになっていれば幸いです。嵐が過ぎ去り、次回は11月。店主もリセットして日々精進いたします。

るんるんコーノ式珈琲塾の詳細はコチラ
posted by 焙煎師TIPO at 10:10| Comment(6) | TrackBack(1) | コーヒー

2006年09月11日

魂の抜けた月曜日

週末の濃い珈琲塾でさすがに魂が抜けてしまいました。
本日は定休日です。

全国から講座にご参加いただいた7名の皆様、本当にありがとうございました。お互いおいしいコーヒーのために切磋琢磨いたしましょう。

河野塾長、お手伝いいただいたスタッフの皆様にも心から感謝いたします。またいい勉強させていただきました。今後ともご指導、ご鞭撻よろしくお願いいたします。

今日はこれにて取り急ぎ……
あああ、これから店と家の片付けなど私事がたんまりと待っております。
posted by 焙煎師TIPO at 09:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年09月10日

本日もコーノ式珈琲塾

P1010062.JPG

TIPOGRAFIAでは昨日に引き続きコーノ式珈琲塾が開催中!
おなじみの師匠河野雅信氏です。これがコーノ円錐フィルターのメーカーによる正統的ドリップのワンショットです。店主はこの人のコーヒーの味わいに惚れ込み、クロスロードで悪魔に魂を売ったブルースマンのようにここまで歩んできました。TIPOGRAFIAのコーヒーの原点であり、魂(SOUL)です。

posted by 焙煎師TIPO at 10:40| Comment(0) | TrackBack(0) | お店

2006年09月09日

コーノ式珈琲塾現在進行中

P1010048.JPG

店主の師匠河野雅信氏(コーノ式珈琲塾塾長a.k.a.珈琲サイフォン株式会社代表取締役)です。現在TIPOGRAFIAにて大阪の残暑以上に講義が熱を帯びております。現在進行中!
posted by 焙煎師TIPO at 10:43| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

2006年09月08日

正しい『マッチポイント』鑑賞術

古巣ニューヨークを離れロンドンロケ(←これまでは「アメリカの夜」なインチキ風景のみ)、71歳の齢にして新境地開拓、長いウディ・アレンの映画(←といっても124分)、サスペンスに挑戦などなどいろいろな下馬評が飛び交っていますが、この映画の正しい鑑賞方法はただ1つ!極めて簡単です。

 エロいスカーレット・ヨハンソンの唇(もしくはそれに付帯するムチムチのボディ全般)

を見る(観るではなく)ことです。サスペンスだからといって犯人を追う必要もなければ、くどい位にバックに流れるオペラに耳を傾ける必要もありません。純粋に「唇」を見てればよろしい。2時間分、それだけで十分元は取れるはずです。

しかし『ゴーストワールド』(←大好き!「ケ!」と自意識過剰で世界を斜に観る主人公はまるでかつての自分)の頃はこんなにエロかったけ?人は成長するんですね。公開を控えているジェイムス・エルロイ原作・ブライアン・デ・パルマ監督作品『ブラックダリア』が楽しみです。同性異性問わずもっともっとエロく毒付いて欲しいものです。ちなみに個人的には余りにもフェロモンぶりぶり出し過ぎで毒に当たりそうなので好みではありません。

ほぼ毎年公開されるウディ・アレンの映画を観ることは極めて当たり前の日常的な行為です。大きな当たり外れがなく、もはや生活の中にしっくりと入り込んでいます。70歳を超えても決して隠遁することなくいつまでも女のケツを追いかけた映画を撮り続ける恐ろしいじいちゃんです。さてあと何本の映画を観ることができるのでしょうか?
  
posted by 焙煎師TIPO at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2006年09月07日

取材

これからの季節、一雨ごとに暑さという憑き物が落ち、静かな冷気が漂い始めます。本当に涼しくなりましたね。朝夕の心地よさには感激!空調嫌いとしては、思わず冷房を切って店の窓を開けてしまいましたよ。

さて昨日は雑誌『SAVVY』11月号の取材。10月に発売される北摂特集でTIPOGRAFIAをご紹介いただくことになりました!雨の中の取材、本当にご苦労様でした。本誌の発売を楽しみにしております。

余談ですが、お話を頂いた時、かなり気合を入れて準備したのが バッド(下向き矢印) です。残念ながら誌面では登場しませんが、後方バックアップ担当(店に時々現れる通い妻)の渾身の力作です。せっかくですので写真だけでも皆様におすそ分けいたします。

P1010036.JPG

熟したバナナふんだんに使ったバナナミルクマフィン!そして試作品のため採算度外視で高カカオチョコレートをたっぷり使ったチョコチャンクスコーン!もちろんコンプリートに自家製の手作りです!密かに試食しましたがめちゃくちゃうまい!コレと暖かいコーヒーがあればたまりませんよ。パブロフの犬のようにじゅるじゅるっと涎が出ます。

P1010040.JPG

そして秋の目玉商品である週末限定のFOODメニューの試作品「なんちゃってブラジルプレート」です。本格的なブラジル料理でなく、あくまでも「なんちゃって」なブラジルです。店主の大好きな非ブラジリアン(他国人)による“インチキブラジル音楽”みたいなもんですね。写真は

  フェイジョアーダ(豆の煮込み)
  野菜のマリネ     
  ポンデケージョ(ブラジル風もちもちチーズパン)
  ブラジルプリン(コンデンスミルクを使ったプリン) 

のセットとなってます。これにお好きなコーヒーを付けたセットなんかいかがでしょうか?試作品のため詳細はまだまだ未定?


せっかくですのでおすそ分けついでに、原価採算度外視の試作品の

     バナナミルクマフィン 130円

     チョコチャンクスコーン 180円

     ブラジルプリン 200円

     ポンデケージョ 80円


も本日限定で提供いたします。気になる方はお早めにどうぞ。
posted by 焙煎師TIPO at 10:16| Comment(2) | TrackBack(0) | お店

2006年09月06日

PARADISO

B00007FKQW.01._AA240_SCLZZZZZZZ_

CELSO FONSECA,RONALDO BASTOS 『PARADISO』

今さらながら聴きました。最近の『NATURAL』『Rive Gauche Rio 』も大好きなのですが、このアルバムも心地よすぎます。
JAQUES MORELENBAUM、MARCOS SUZANO、RAMIRO MUSOTTOという素晴らしいバックに守られたアコースティックな音は古さを感じさせず、素晴らしい!静かにつぶやくようなヴォーカルも心に染み入ります。こんな定番に今まで出逢えなかった自分の人生を悲しく呪います。音との出会いは気まぐれな偶然に彩られ、聴くべき時に聴くべき音を聴くしかないのですが、できることならもっと早く出会いたかった音です。M-3“ALMA DE PIERRO”の締め付け、胸をかきむしる様なメランコリーな旋律に骨抜きにされます。メロメロ!

再発なのか初回限定生産と称して1500円で販売中。安すぎる美しさです。飯抜いても買え!そして聴け!
posted by 焙煎師TIPO at 10:49| Comment(0) | TrackBack(0) | BRASIL

2006年09月05日

本日も煎りたて

本日のぴちぴち焙煎豆です。

喫茶店アイスコーヒー用ブレンド(いよいよ最後か?)

喫茶店コロっとブカラマンガ(コロンビア)

喫茶店いにしえのグアテマラ

喫茶店イルガチェフのモカ


ちなみに定番ワタナベさんのコーヒー(ブラジル)も日曜日に焙煎したばかり。いい具合に落ち着いていまっせ!
posted by 焙煎師TIPO at 13:25| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

グエムル 漢江の怪物

アホアホ映画です。
それを前提に楽しみに行くのがB級映画好きです。

WEBのレビューではかなりボロ糞ですが、結構いけます。結構楽しみました。
シリアスなパニック映画なのに変な笑い満載で確信犯的にリズムを外しています。でも典型的な怪獣映画として、娯楽作品としても成立しており、そんなひどい映画ではないはず。

いくらでも深読みも可能です。初代の『ゴジラ』が明らかに「核(兵器)」への恐怖のメタファーであった様にこの映画の怪獣は露骨な「アメリカ」への揶揄の様に感じたのですが??韓国の政治・経済状況、米韓の力関係には無知ですが、何かかなり露骨に感じるんだけどね。その証拠に怪獣のアップのショットで尻尾の裏にちゃんと「MADE IN USA」とありました(当然嘘!)。でも実際、怪獣を生み出したのは在韓米軍の毒物垂れ流しであり、情報のミスリーディングと称して内政をかき乱したあげく、大げさな最終兵器を他国に導入するアホアホアメリカ万歳という感じです!そのアメリカの象徴であるアホアホ怪獣に向かって、断絶された韓国ファミリーが一致団結して、人民のシュプレプヒコールの中、火炎瓶投げて、ゲバ棒でどつき、矢を撃ち、戦う映画です。これって深読みしすぎ?

動物パニック映画の王道『JAWS』の様に、前半怪獣の姿を映さず、観客を引っ張るタイプの映画ではありません。開幕15分でたいした説明も無く、いきなり怪獣は暴走します。この潔さ!でも後半が少々だれるのでもう15分切るとテンポ良さは抜群なんだけどね。

個人的には韓国俳優で唯一名前と顔が個別認識できるぺ・ドゥナを眺めていました。彼女のへちゃむくれさ加減が結構好きです。

もう一度!侮れないアホアホ映画です!
posted by 焙煎師TIPO at 11:16| Comment(1) | TrackBack(0) | 映画

2006年09月04日

週末は……

今週末は待望のコーノ式珈琲塾関西教室が開催されます。すでに地元関西以外にも全国から数名の方にエントリーをいただいており、待望の開催です。以前にも書きましたが、これは単なる場所提供というより店主のルーツの再確認そのものです。師匠である河野雅信氏に会えます。独りで店舗を経営していると、気がつくと知らぬうちに迷宮に迷い込んでいることがあります。そんな時、師匠に接し再度自分のルーツをスタンスを確認する必要があります。今週末を何よりも、誰よりも心待ちにしているのは店主自身です。楽しみです!また当日の模様は随時ご報告いたします。店舗は週末(土日)も多少混雑してバタつくかもしれませんが、通常通り営業いたします。運がよければ河野雅信氏に会え、円錐フィルターにサインをいただけるかも知れませんよ。(そんなんいらんか?)

        …………今日は嵐の前の静けさで簡略版でした。
posted by 焙煎師TIPO at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | お店

2006年09月03日

AFRO-SAMBAS

388450.jpg

昨日HMV通販から届いたCD

PAULO BELLINATI & MONICA SALMASO『AFRO-SAMBAS』

です。宅配便を目敏く見つけられたお客様に「こんなにCD一杯あるのにまだ買うんかいな!」と嗜まれてしましましたが、全くその通りです。完全に道楽!こればっかりは止められません。常に何か新しブツを聴いていないと、何かしら世界から取り残されたような焦燥感(そして孤独感、寂寥感など)に追われます。煩悩に満ちた脅迫概念に囚われの身です。

さて本題。全編ギターと女性の声のみで、曲はバーデン・パウエル&ヴィニシウス・ヂ・モライス。音数の少ないスカスカでどちらかといえば暗いトーンですが、ヒリヒリと聴くものの内に迫ってくる感があります。ブラジルにはギターとヴォーカルという編成が本当に多いことに驚きます。多すぎる楽器や考え過ぎのアレンジの音楽の対極です。文章でも音楽でも映像でもそうです。究極まで切り詰め、必要最小限のものを残すことがいかにセンスと労力が必要なことか!もっと早く出逢いたかった名盤です。音の持つ空気感を表した様なジャケットも秀逸。

posted by 焙煎師TIPO at 10:06| Comment(0) | TrackBack(0) | BRASIL

2006年09月02日

EDDIE HAZEL

B0002MHEFU.01._SS500_SCLZZZZZZZ_V1131315825_

いつの間にかCDになっていたのですね。先日タワレコに並んでいましたが、その昔どうしても聴きたくてボロボロの中古アナログに結構払いました。

そう、超名盤EDDIE HAZEL『GAME DAMES AND GUITAR THINGS』です。
冒頭のママス&パパスのカバー“CALIFORNIA DREAMIN'”にやられます。ワウのかかったジミヘン直系のギターにブチブチと重いベースとモタモタと重低音なドラムがのります。ウエストコーストの甘酸っぱい青〜い曲の偏った解体と再構築がたまらなく美しい!ビートルズのカバー“I WANT YOU”も同様のむさ苦しいミドルテンポで原曲以上に“グエ〜”とブルージーです。全体的にファンキーというより、地面をのたうち回る末期の叫びのような音です。こうしてCD化され、手軽に入手できる素晴らしい世界を待っていましたよ!

そういえば、再びエレクトリックギターのグチャグチャ音色にはまっていますね。本家ジミヘンの“VOODOO CHILE”はもちろん、OS NOVOS BAIANOSのPEPEU GOMESの超絶ギター、そして定番MILES DAVIS『AGARTHA』のPete Coseyの延々と続く執拗なカッティングなどなど、みな変態!そういえば昨年のCAETANO VELOSO来日メンバーのギター(Lula GalvaoかPedro De Saのどちらか?多分後者?)のファンキーなカッティングもえげつなかった。

今日はとりとめのないネタでした。
posted by 焙煎師TIPO at 11:21| Comment(0) | TrackBack(0) | musica