2006年08月31日

本日の煎りたてコーヒー

本日のコーヒー焙煎リストです。

喫茶店キリマンジャロの雪(タンザニアスノートップ)
  ……中深で香ばしく煎り上げました。ミルクと相性良し!  

喫茶店イルガチェフのモカ(エチオピア)
  ……同じく中深ですが柔らかい酸味が心地よい。やはり大好きです!
posted by 焙煎師TIPO at 14:55| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

水彩画のミルクコーヒー

TIPOGRAFIAの定番メニュー“AQUARELA アクアレーラ(水彩画のミルクコーヒー)”についてお話しましょう。もちろんネーミングのモトネタはそのまま“AQUARELA DO BRASIL”です。

ミルクとコーヒーがハーフ&ハーフで、カフェオレと言うより、風呂上りのビン入りコーヒー飲料や初代のUCC缶コーヒーのような懐かしい味わいのコーヒーが欲しかったのです。それが“AQUARELA”です。豆量同じで濃い目(半分の量)に抽出したサラヴァ(深めのブレンド)を使い、ミルクパンで牛乳と一緒に軽く煮込んで出来上がりです。ネーミングは鍋にミルクと牛乳を混ぜ合わせる時の液体が攪拌していく様が小学校の図画の授業の水彩絵の具を思い出しましたことに由来しています。わかりますか?筆洗いに筆を漬けた時、水に絵の具がじゅわじゅわと拡がっていくあの光景です。日頃、絵を嗜まないので、水彩絵の具なんてもはや触れることすらないのですが、網膜に浮かぶあの像はキュンと切なく過去を思い起こさせます

そして何よりARY BARROSOのこの曲が大好きでした。
多くのアーティストにカバーされ、“BRAZIL”のタイトルでディズニー映画に使用されるなど、アメリカでもラティーナ(中南米的)なイメージを醸し出すスタンダードとして定着しています。
TIPOGRAFIAのアーカイブ(CD・LP棚)を探してみましたが、恐ろしい数のカバーがあります。というより、ディスクの購入の際、好きな曲(カバーなど)の有無を基準に選択し確信犯的に収集した結果なのですが……。

551.jpg

まずはTOOTS THIELEMANS & ELIS REGINA『AQUARELA DO BRASIL』です。ジャケットが和みます。以下、多すぎるので片っ端からあげていきますね。

◎JOAO GILBERTO『BRASIL』 
◎ANTONIO CARLOS JOBIM『STONE FLOWER』
◎GRANT GREEN『THE LATIN BIT』
◎THINK OF ONE『CHUVA EM PO』
◎XAVIA CUGAT『THE BEST OF XAVIA CUGAT』
◎GEOFF & MARIA MULDAUR『POTTERY PIE』
◎VA『BRAZIL』※日本のアーティストによる全部ブラジルカバー集
◎GAL COSTA『AQUARELA DO BRASIL』
◎JOAO BOSCO『AO VIVO 100a APRESENTACAO』
◎JAIR RODRIGUES『A NOVA BOSSA POR JAIR RODRIGUES』
◎OST『THE EDDY DUCHIN STORY』※映画『愛情物語』のサントラ
◎ELIS REGINA『SUDADE DO BRASIL』
◎JOAO GIRBERTO『LIVE IN MONTREUX』

きりが無いのでこの辺でやめときます。
posted by 焙煎師TIPO at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

2006年08月30日

パウンドケーキ

P1010035.JPG

本日、パウンドケーキが入荷いたしました。

店主の従妹が焼いた自家製ケーキです。家事の合間に手間隙かけて焼いた無添加・無着色の家庭的な味わい!いつも娘を連れ大阪市内から店へと持参してきてくれます。感謝感謝!

今回はキャロットとバナナの2種類をセットにして提供いたします。
にんじんをすりつぶして生地に折り込んだものと熟したバナナ使用したものの2つの味わいを比較できます。両方とも薄くスライスした欲張りなケーキです。ということで2切れ(キャロット・シナモン)のセットで230円なーり!

posted by 焙煎師TIPO at 13:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

カクタスジャック

公開中のメキシコ映画『カクタスジャック

あまり事前にネタを仕入れずに飛び込みでメンズデーのテアトル梅田へ。
男気ムンムンのかなり汗臭い映画館(ほぼ9割が男)です。

結果は大当たり!

上のスティルを見ていたのでもっとシリアスでグロい心理劇か思えば全くのコメディでした。確信犯的にリズムを外し、本筋よりも脇道のディティールを執拗に書き込むタランティーノ直系の脚本です。一応、間違えられた誘拐劇なのですが、多分観ないと説明しにくい映画です。そして結構いけます。キャラクターすべてがおかしくパラノイアック!冒頭、状況説明も無いままに笑えないジョークの語りから始まるところなどまさしくタランティーノ節!そして『タクシードライバー』トラヴィス(ロバート・デ・ニーロの役)の似ていない物真似や『男と女』のテーマがスペイン語で唐突に流れたり超ベタネタ連発です。すさまじく断続的な苦笑継続映画です。

いやあ、見事にはまりました!☆4つでTIPOGRAFIA推薦映画です!
posted by 焙煎師TIPO at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2006年08月29日

ヘタ

P1010030.JPG

お店のトースト用の食パンのヘタです。

今週はTIPOGRAFIAのご近所さん(豊中高校正門前)

  “SHEEP☆SHEEP”

さんです。焼き立てのモチモチ感がたまりません。う、ごくっ(唾の音)

……ということでお客様に出す前にヘタをつまみ食い!

軽くトーストしてベタに練乳を付けて食すると思わず食いしん坊万歳!

もちろんちゃんとお店でもトーストとして提供しています

   ※バター・苺ジャム付きで150円なーり!
posted by 焙煎師TIPO at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | お店

ユナイテッド93

324192view002.jpg

2001年9月11日ユナイテッド93便の当事者の視点から再現した「劇映画」です。
残された関係者の声を取材したり、実際のフッテージを使ったドキュメンタリーではありません。
(ユナイテッド93便の実際の生存者なく)事実は藪の中であり、機内の人間模様と管制塔などの関連機関でのドラマを役者を使ってをリアルに再現したあくまでも“フィクション”です。

最初に問うべきは、なぜこの紛れも無い事実を映画化したのか?

    自己憐憫?

    露悪趣味?
 
    事実の美化?
  
    真実の隠蔽?
    
    自国の屍すらを売り物にする逞しい商業主義?

    単なる監督の歪んだ妄想?

可能性は無限です。5年時を経過しながらも、まだまだ生々しい事実をなぜ瘡蓋を剥がす様に金儲けの手段(商業映画)にして公開するのか?全く理解できません。

純粋に娯楽映画として見れば、ドキュメンタリータッチの生々しい描写が無駄なく、観客を物語に引き込み、退屈はさせません。
手持ちカメラの多用、飛行機の外観(機影の空撮俯瞰映像)など現実にはありえない映画的カットを全て封印した室内劇の選択、無名の俳優中心のスター至上主義の否定(さらにクレジットには“AS HIMSELF”表記が極めて多いことに驚きます)、事実に沿ったリアルタイムでの進行、ハリウッド的ハッピーエンドの否定などなど、劇映画ながら、かなりの足枷でストイックに描写した監督の手腕は評価できます。

でもあくまでも“タッチ”であって所詮は絵空事であり、残された電話の通話記録やフライトレコーダーなどの断片からつなぎ合わされた擬似現実です。

近日公開のオリバー・ストーン『ワールドトレードセンター』など“911”関連の映画が続きます。5年という歳月が傷が癒えるのに果たして長いのか?短いのか?ネタ切れハリウッドの苦し紛れの自虐ネタとならぬことを祈ります。
posted by 焙煎師TIPO at 11:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

煎りたて最前線

本日の煎りたて豆です。

 喫茶店ワタナベさんのコーヒー(ブラジル)

 喫茶店アフリカの叫び(ケニア)
 
 喫茶店インドネシアマンデリン

 喫茶店サラヴァ(ブレンド)

他にもいろいろ用意してます。どうぞ、お楽しみやすぅ。
posted by 焙煎師TIPO at 10:11| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

2006年08月28日

客寄せパンダ

P1010027.JPG

TIPOGRAFIAの客寄せパンダは店頭にあるブラジル国旗です。光の明度が異なる日本の空間では鮮やかに射抜きます。原則、和の色は紫や茶、赤などが中心、対して緑に黄色は異質に目を引きます。色と同時にこの旗の持つブラジルという国への憧憬が同志を呼びます。『Hanako WEST』のライターの方も偶然通りがかった店の国旗に惹かれ飛び込まれました。店主と同じブラジル音楽好きです。そして記事も見事に国旗一色です。

    これを国旗による客寄せパンダ効果といいます。

国旗に何という不遜な!とお怒りは御尤もですが、何かにつけておおらかなラテン気質のブラジル人は気にしないはずです。多分……。

    これを人種のステロタイプ的偏見といいます。

リズム感のないアフリカンアメリカンもいれば、陰気で神経質なブラジル人も、商売ベタのユダヤ人もいるはずです。決め付けはいけませんね。ふう。

しかし何でパンダなんでしょうね。当然、この言い回しは古語(ことわざ)ではなく、近年捻出されたものでしょう。動物園が集客のためにパンダ導入を図るということでしょうかね。誰が言い始めたの?ちなみに店主は第一パンダブーム世代です。東京上野動物園に来たパンダを見に、祖父母に連れられ並んだ記憶があります。不思議なものでパンダの記憶は無く、人の列の記憶のみが存在します。最近はあちらこちらにパンダも飼育されているため、今更新鮮味はなく、客を寄せ無いパンダが続出中かも知れません。

その点、TIPOGRAFIAの客寄せパンダはしっかり働いてくれます。もっと“ブラジル”な人を呼び寄せてください!
posted by 焙煎師TIPO at 14:39| Comment(0) | TrackBack(0) | お店

Hanako WEST

06828.JPG

さあ、皆様本屋(理想はTIPOGRAFIAの近くの昌文堂)さんへ!
本日発売の『Hanako WEST』10月号の特集「大阪全ガイド」でTIPOGRAFIAが紹介されておりやすぅ!感謝感激!カップとブラジル国旗が目にまぶしい!

ちなみに店名TIPOGRAFIAは“ティポグラフィア”でなく“チッポグラフィア”です。と書きながらも余り細かいことに気にしない店主です。
posted by 焙煎師TIPO at 11:24| Comment(0) | TrackBack(0) | お店

the glassmoon

P1010028.JPG

お祝い(何の?詳しくはブログをさかのぼってね)にいただきました。
知人自らの作品です。

音楽をモチーフにした幻想的なグラスに陶然。
今にも素敵な音を奏でそう。

ガラス工芸家松本正雄氏。HPはコチラ

ちなみに今週30日水曜から阪神百貨店9階美術画廊にて個展が催されます。
よろしければ是非、足をお運びになってこの松本ワールドにじかに触れて下さい。

自分自身、ガラス工芸のことはまったくもって門外漢ですが、美しいものを愛でる喜びに浸れるということは至福の極み。

あぁ、もったいなくて、使えません。
後生大事に心のアーカイブに保存しておきましょう(意味不明)。
ということで大切に飾っておきます。
posted by 焙煎師TIPO at 11:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年08月27日

サイフォン再び

P1010026.JPG

店を開店する前、コーノ式円錐フィルターに出逢う前は毎朝、サイフォンでコーヒーを点てていました。一見面倒そうに見えるのですが、手順はシンプルで無駄がなく、ほぼ一定の味わいが楽しめます。出勤前の眠気の中こそ、こうした単純作業をこなす事は一日の労働の余熱運転になります。

P1010025.JPG

久しぶりに、自分のためにサイフォンでコーヒーを淹れてみました。やはりいいものですね。火を止めロートからフラスコへと繋がる管を液体がかけ落ちて行き、金色の細やかな泡が立つ様を見ていると心がほっこりとします。カップに移しても十分に熱い液体を軽く口に含むと、カップの周辺に柔らかな香りが拡がります。口内の地獄のように熱い液体が徐々に身体に吸収されると、まるで悪魔に魂を売った様な心地良ささえ感じます。

実は開業にあたり、お店の抽出方法をサイフォンに決めていました。それは自分でも一番慣れ親しんだ味わいであり、家庭で楽しみにくい器具のためです。よしっ!と豊中周辺のコーヒー店をメモ片手に実地調査。結果、思いの他サイフォン抽出の店舗が多かった。駅周辺のこの狭いエリアで3、4軒ありましたね。この結果を地域に根付いている抽出方法だと判断する選択もありました。でも、いつものへそ曲がりな性分が出ました。無難なマジョリティよりも変わり者のマイノリティを!そして逆に周辺ではどの店も使っていない円錐フィルターによる一杯出しを選択いたしました。東京エリアに比較するとコーノ式を使用している店は少なく、個人ユーザーの器具自体の入手も困難です。店主のコーヒー人生を変えたこの器具を少しでも多くの人にこの豊中の地で伝えるつもりでした。これは今も変わりません。

久しぶりのサイフォンは“I FEEL GOOD!”先日紹介したコーノ式珈琲塾の同窓生“REELS”の宮宗氏のコーノ直伝のサイフォンは絶品との噂です。負けじとこの秋はお店でお客様にもお楽しみいただけるような頑張ってみますか?
posted by 焙煎師TIPO at 10:19| Comment(0) | TrackBack(1) | コーヒー

2006年08月26日

JOHN JENKINS WITH KENNY BURRELL

jenkin_john_johnjenki_101b.jpg

毎朝、開店前の1枚として棚から目に付いたCDを気まぐれで引っ張り出しプレイします。

今朝はコレ!ハズレなしのBLUENOTE1500番台からアルトサックスJOHN JENKINSのアルバムをピックアップ。やはり鍵はKENNY BURRELLのギターですね。ブルージーなギターが存分に楽しめます。サックスリーダーの垂れ流し系ブロウの演奏を好まないのですが、リズムセクションがタイトであれば良しとします。コロコロと転がるSONNY CLARKのピアノとビンビンなPAUL CHAMBERSのベースにKENNY BURRELLのギターがあれば怖いもの無し!久しぶりに針を落としたのですが、思わず聴き入ってしまいました。いかにもBLUENOTEなタイポグラフィと色使いのジャケットも大好きですね。
posted by 焙煎師TIPO at 10:10| Comment(0) | TrackBack(0) | musica

2006年08月25日

最後のアイスコーヒー

P1010024.JPG

暑い日が続いているのに、アイスコーヒーの「最後」を夢想します。

すべてのものには始めと終わりが存在します。季節物の常として必ずシーズンの終わりが訪れ、来年まではしばしのお別れとなります。いよいよアイスコーヒーの周辺には夏の終わりの海の家の様な物寂しさが漂い始めました。夏の終わりはいつもそうです。厳しい残暑の中でもふとした時、光の明度が日々弱弱しくなり、陽が短くなっていくのを感じます。今朝、焙煎したアイスコーヒーブレンドも今年はあと何回このブレンドを焙煎するのか?と少し感傷的に物思いに耽っていました。人気商品の水出しアイスコーヒー「AGUA DE BEBER」は夏限定です。この瞬間の一杯のコーヒーとの出会いを大切にして、お客様にお届けできるように店主も、もうしばし切磋琢磨いたします。

本日の煎りたて豆はアイスコーヒーブレンドワタナベさんのコーヒーです。まだまだ水出しアイスコーヒーもご用意しております。どうぞお楽しみ下さい。
posted by 焙煎師TIPO at 10:56| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

2006年08月24日

カフェアンドレストラン

cafe09.jpg

先日発売された雑誌『カフェアンドレストラン』に我らがコーノ式珈琲塾の同窓生がずいずいと紹介されております。注目!

まずは“西洋釣具珈琲店 REELS”。東京都豊島区鬼子母神前に4月オープンいたしました。店主はお友達の宮宗俊太氏。(まだ行けてないけど)私も行きたい!そしてサイフォンコーヒーで寛ぎたい!

続いて“YAMA COFFEE”。同じ名前でつながりで応援したい山崎桂子氏による出張喫茶です。ぜひ大阪にも出張して!

そしておなじみの“八百コーヒー店”。東京都文京区千石駅前に昨年オープンいたしました。店主はお友達の曽田顕・史子夫妻です。こちらはお店でTIPOGARFIAの豆も使用していただいてます。感謝!ちなみに先日発売された川口葉子『カフェの扉を開ける100の理由』にも紹介されています。これも必読!

皆様、お江戸へお出かけの際にはぜひ訪ねてみて下さいね。これらは皆、店主と同じ河野雅信氏が主催するコーノ式珈琲塾の卒業生です。いよいよ関西教室も来月9月9日と10日の開催が決定しました。すでに全国からエントリーを頂いております。カフェ開業希望者からコーヒーマニアまで幅広くコーノ式真髄を学べます!応募受付中!詳しくはTIPOGRAFIA (06)6849−6688でも問い合わせ受付中。
posted by 焙煎師TIPO at 11:32| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

本日の煎りたてコーヒー

早朝、6時過ぎより焙煎。朝夕は少し涼しくなり、確実に秋の気配を感じます。さて本日の煎りたてコーヒーです。

   トロピカリア(ブレンド)

   サラヴァ(ブレンド)

   ワタナベさんのコーヒー(ブラジル)

   コロっとブカラマンガ(コロンビア)
  
   キリマンジャロの雪(タンザニア)

   いにしえのグアテマラ(サンタアナ農園)


店内喫茶および豆売りでお楽しみいただけます。
昨日のブログで紹介した「ブラジルプリン」「ダブルスコーン」も待っています。お越しやすぅ。
posted by 焙煎師TIPO at 10:37| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

CIRO

渋滞嫌い・方向音痴のためロードムービー好きですが、ロードは好きではありません。でもせっかくの夏期休暇最終日ですので、少しだけ遠出して、明石のイタリア料理「CIRO」へ。遠景に明石大橋と淡路島、近景に海とフェリー乗り場を窓外に望む店です。基本的にいやしく、食べることがこの世の至福という人間ですがこの店には大満足いたしました。

明石産のタコとチーズたっぷりのピッツア!絶品

060823_1216~02.JPG

さらには夏野菜とチーズたっぷりの貝殻のような形のパスタ(名称不明)がこの世のものとは思えぬくらい自分の舌加減にぴったり!うまかった。もう幸せ!く〜っ!

060823_1156~01.JPG

うまいものを食べると幸せになります。おいしいものは人を変えます。飲食店の持つ不思議な魔力です。そしてTIPOGRAFIAのコーヒーも誰かを元気づけ、幸せに出来たらと心から願うのみです。そのためには日々精進あるのみ!たかが一皿のパスタ、一杯のコーヒーですが、されども……!
posted by 焙煎師TIPO at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | うろうろ

2006年08月23日

お菓子新作

明日より登場する新作です。
すべて自家製の無添加の手作りの品です。
まずはドリンクに無料で付くお茶菓子です。
「黄粉黒砂糖ピ−ナッツ」とネーミングのままのコーヒーにぴったりの一口お菓子です。意外に黄粉と黒砂糖がソウルメイトのように相性抜群で食べ始めると止まりません。ということでスマイル0円に対抗してソウル0円(←全く意味不明)!でも残念ながらおかわりはありません。

P1010019.JPG

続いては「ブラジルプリン」です。
砂糖の代わりにコンデンスミルクを使っているのが特徴です。「ワレ!何がブラジルやねん?」という突っ込みはさらっと聞き流して、挑戦してみて下さい。誰にとっても不思議となつかしい甘さが楽しめます。こちらは250円です。

P1010018.JPG

最後は「ダブルスコーン」。プレーンタイプとレーズン入りの2種類をセットで用意いたしました。軽くトーストして、希望の方には苺ジャムとメープルシロップをお付けいたします。層になった生地のサクサク・しっとり感がたまりません。こちらは2ヶセットで250円です。

P1010017.JPG


 ※全商品とも限定数となりますので、品切れの際はご了承下さいね。
  人気次第で定番化していきます。声援をよろしくお願いいたします。
posted by 焙煎師TIPO at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | お店

記録的豪雨だったそうですね。親戚、友人などから安否確認をいただき、どうもありがとうございます。でも大丈夫のようです。開いていた天窓から雨が吹き込んだくらいで、特に被害はなさそうです。というのは……

  CCRの“HAVE YOU EVER SENN THE RAIN

を思わず歌ってしまいたくなりますが、実際には雨を見ていません。
豊中へ帰ったきたら周囲の人が騒いでる、電話がなると遅れて惨状を知りました。本日店が閉まっているのは決して雨のせいではなく単なる夏季臨時休業でした。明日朝には大量の焙煎が待っています。少しでも涼しい早朝より新鮮な豆をお届けできるよう切磋琢磨します。まだまだ暑い日が続いておりますが、コーヒーの季節ももうすぐ!地獄のように熱い液体を心置きなく楽しめるようになります。どうぞお楽しみに!
posted by 焙煎師TIPO at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年08月22日

にしむらで朝食を

灼熱地獄の片付けからの逃避で梅田のにしむら珈琲で朝食を。

にしむゆ梳・JPG

いいですね。他人の淹れたコーヒーはくつろげます。ココのブレンドの懐かしいようなまったりとした味わいが大好きです。こんなモーニングセットをTIPOGRAFIAでも提供できたらいいですね。休日の朝、仕事を忘れ、焼きたてのパンとサラダ、そして一杯だての珈琲があれば天国のような気分です。秋以降、新展開で検討してみます。さて続いては映画『プルートで朝食を』。

998_01.jpg

ニール・ジョーダン監督の最新作です。『ティファニーで朝食を』をもじったのかと思えば、原題で「プルート」は「冥王星」のこと。IRAにスティヴン・レイ、とジョーダンの定番を配し、70年代の女装のアイルランド人キトゥンの消えた母を求めた旅の物語です。キトゥン役のキリアン・マーフィーを始めリーアム・ニーソン、スティーヴン・レイなど固い役者の演技に支えられ、少々だれながらもきれいにまとまった映画です。が!感覚的な点では一線を越え耽溺するには至らず「並」の評価。

外の世界では豊中の瞬間豪雨が待っていました。少しは涼しくはなりましたが片付けは続きます。
posted by 焙煎師TIPO at 20:19| Comment(1) | TrackBack(0) | うろうろ

2006年08月21日

スーパマンリターンズ

TS340007.JPG

78年に公開された第一作からすでに四半世紀の時が流れているのですね。テクノロジーと新たなる旬のキャストでSAGA第二部の堂々開幕です。前シリーズを観た世代の人にも違和感の無いスーパーマン役のブランドン・ラウス、レックス・ルーサー役のケビン・スペイシーやマーロン・ブランドの声と姿をフォルムから再利用したり凝ってます。もちろんアクション、飛行シーンなどの描写も格段に進歩してます。

すでに過去の遺物となりつつある平面のコミックを実写映画に転用しようとするとどうしても世界観に歪みが生まれます。

 なぜスーパーマンはあんなも恥ずかしい格好をするのか?
 (そもそもあれは着脱可能な服なのか?)
 
 なぜ誰もクラーク・ケントが正体に気がつかないのか?
 (その差は眼鏡のみでどう見ても同一人物)

と定番の突っ込みどころ満載です。今回屈折したブライアン・シンガー監督ですので少し覚めた目でヒーローをとらえ、ゲイ感性で執拗に舐めまわしています。 

しかし長い……。2時間45分ですよ。上映時間を知らずに映画館でチケット買って引きました。まあ、実感時間はそんなには長くは感じなかったのですが、さすがに所々はダレます。単独の娯楽作品として楽しめるものの、新たなるこれからの物語のプロローグという感じで、ストーリーもいささか中途半端かな。「ああ、そうだったのね。でもいつ?」という感じ、詳しく書くとネタばれになるので、ぜひ劇場で観て下さい。まあ、普通に楽しめます。
posted by 焙煎師TIPO at 10:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画