2006年06月27日

映画は誰のもの?

六本木ヒルズの事件以来、しばしば問われているのは、

       会社はいったい誰のもの?

という点です。果たして代表取締役の私物?それとも株主?社員?新聞やニュース番組でいつも問われています。
そして今回のテーマは映画『M:i:V』は誰のもの?


映画の選択基準として作家主義と呼ばれるものがあります。基本的には監督買いで、その人の作品であれば、内容や俳優に拠らず必ず観に行くという、ディープな映画マニアに多いパターンです。でも一般的には、テーマやストーリーといった内容で選ぶ、好きな役者で選ぶ、話題性で選ぶなどの方が多数派かも知れません。そして映画というアートはいったい誰のもの?映画は小説や、絵画、写真ほどパーソナリティ(個人)が明確ではありません。映画は必ず複数による団体戦だからです。演出した監督?演じた役者?金を出した映画会社の製作者?それとも脚本家?1本の映画には余りにも多くの人が絡みすぎて、出来上がった作品がいったい誰のものか到底断定できません。

でも断言できるのはこの映画はトム・クルーズのものです。トムによるトムのためのトムの映画です。映画というよりトムのプロモーションフィルムのようなモノです。そのためなら監督を2名程(デビッド・フィンチャーとジョー・カーナハン)馘首しても大丈夫!果たしてここまで映画を私物化していいのでしょうか?でもこの人の恐ろしいところは、これだけナルシスティックに世界観を押し付けながらも、映画としては娯楽としては十分に楽しめるという点につきます。2時間強、特に前半の恐ろしいまでのテンポの良さと構成美は確かにすごい。これは果たして監督の腕なのか?脚本家の構成力?編集の技?はたまたトムのプロデュース力?真実は全くわからん!でも夏休み映画としては誰でも楽しめる娯楽作品に仕上がっています。さあ、皆様もトム・クルーズを見に行きましょう!でもトム・クルーズを見たくない人は絶対観にいかない方が賢明でしょう。そんな映画です。
posted by 焙煎師TIPO at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

STAY

公開中の映画『STAY』です。

映画館で配布されているチラシの《STAY攻略ポイント》によると

 なぜ、サムのズボンの裾は短いのか?

その他、数項目の疑問が判れば、謎が解けるそうです。
サムとはユアン・マクレガーの演ずる精神科医です。確かに彼のズボンの裾は短い!でもなぜ?実は店主自身、スーツのズボンが極端に短いことで有名でした。若い頃、気分はモッズでパンクなサラリーマンだったため、裾はくるぶしが完全に出る位の短めの丈で4センチ幅のダブル(なぜ4センチなのか??)と決めていました。そして“CAFE BLUE”なステンカラーコートを前ボタン留めずになびかせていましたよ。今だから笑えるとても恥ずかしい過去です。さて、ユアン・マクレガーのズボンの丈は負けないくらいに短く、グレーのツイードジャケット、キルティングのジャケットなどブリティシュでモッズなファッションいっぱい!ひたすらそんなディティールが妙に気になった映画……。

『ジェイコブズ・ラダー』『アザーズ』『シックス・センス』『ジャケット』系の映画です。いささか食傷気味で使い古されたオチですが、決して嫌いではありません。個人的には現実崩壊系映画と呼んでいます。思わせぶりで計算尽くされた映像とカットのつなぎがスタイリシュな映画です。断言します!こけます!興味のある方はお早めにどうぞ!当然のことですが、店主のようにサムのズボンの裾を見つめていても謎は解けません。あしからず。
posted by 焙煎師TIPO at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

STOP MAKING SENSE!

タイトルに偽りあり!実は扇子ではありません。団扇でした。

 ※画像はお店で確認下さい。店内においてあるアレです。

まあ、言葉遊びはどうでもいいですよね。
店内の冷房温度がお客様によっては暑く感じたりするかも知れません。団扇を置いておきますので、店内でお使い下さい。
posted by 焙煎師TIPO at 10:44| Comment(0) | TrackBack(0) | お店