2006年06月25日

通い缶

 「昔はどこでも通い缶の風習があったんですね。茶筒を持って近所のお茶屋さんへお茶っ葉を買いに行ったものです。」

京都の老舗の茶筒専門店で聞いた話です。
そこは成形の正確な蓋の密閉度の高さと使い込んでいくうちに材質が変色してなじんでくる茶筒で有名。何十年経っても壊れることなく、色合いが肌に刻まれた皺や年輪の様に時の経過を醸し出していきます。なんとも素敵なことではありませんか?

昨年の秋、この茶筒をぜひコーヒー保存容器に販売したいと仕入れをお願いいたしました。快諾していただいたのですが、開業のバタバタで未だこの夢は実現できていません。写真は代わりにTIPOGRAFIAで販売している保存缶です。

P1000815.JPG

余り大々的に広報していなかったのですが、コーヒー豆を購入の際、入れ物(缶・ビン)を持参いただいたら価格から50円引きしております。袋のパッケージ代を価格に還元いたします。何人かのお客様にはすでにご活用いただいています。先日、小さなお子様が缶とメモを片手に母に頼まれたコーヒーを買いに来た時は本当にうれしくなりましたよ。店主の世代は昔、カランカランと鐘を鳴らしながら自転車で売りに来る豆腐をボールを手に買いに走ったものです。今の子供たちにとっては、豆腐はプラスティックの容器でスーパーで売っているものかも知れません。
決してエコロジーを気取るわけではありません。概してエコもスローフードもロハスもある種の胡散臭さが付きまとい、余り好きになれません。でもどうせ捨てるパッケージを無駄にするよりも、通い缶を使い込んだほうがいろんな意味でやさしいような気がします。そして財布にも少しだけどやさしい!
もちろん、当店で販売している保存缶以外でも結構です。さあ!

        書を捨てて街へ!缶を片手にコーヒー屋へ

という気分です!

posted by 焙煎師TIPO at 11:46| Comment(0) | TrackBack(0) | お店

冷たいのがお好き?

『お熱いのがお好き SOME LIKE IT HOT』という映画がありましたね。マリリン・モンローにビリー・ワイルダー監督のアメリカ映画です。高校の時に見たような気がします。懐かしいな!でも映画とは関係のない話題です。

さて昨日のおいしいアイスコーヒーをテーマとしてコーヒー教室が開催されました。ご参加いただいた皆様、どうもありがとうございました。夏の定番メニューである「冷コー(大阪弁)」はそもそも日本だけのメニュー?一般的には暑い国でもコーヒーを冷やして飲む習慣は少ないと何かで読んだ記憶があります。確かに、アメリカ西部のうらぶれたロードサイドのダイナーには年中デキャンターで煮詰めたホットコーヒーがおかわりつきで出てきそうです。イタリア人は夏でも冬でもエスプレッソをグイっとやってそうです。食文化の違いでしょうが、高温多湿な日本の夏にアイスコーヒーが合うのも事実です。あなたはお熱いのがお好き?それとも冷たいのがお好き?

喫茶店アイスコーヒーテーマの教室は本格的な夏の前に同じ内容でリバイバルいたします。参加ご希望の方は、お店までお気軽にお問い合わせ下さいね。日程は決定次第広報いたします。

ビールちなみにブラジル人はビールを冷やしません。キ〜ンと冷えたビールを喉に流し込むあの快感は嫌いなようです。日本滞在中、飲み屋でも常温のビールをくれ!とおねだりしていました。どうやら世界的にはビールはキンキンに冷やすものという訳ではなさそうです。日本人の感覚からすればうぇという感じですが…。

posted by 焙煎師TIPO at 08:55| Comment(2) | TrackBack(0) | お店