2006年06月15日

GINGA

サッカーにもワールドカップにコンプリートに無関心な店主としては一刻も早く、この国粋主義者続出期間が終了してくれることを心より望んでいます。先日の日本戦を(テレビをつけている)国民の半数が見ているなんて絶対おかしい!これはある種の全体主義であり、ファシズムです!非国民と言われようとかまいませんの、この際、大好きなブラジルでも応援してみようかしら!そんなあなた(どんな“あなた”やねん?知らんちゅうねん!)にピッタリの映画です。

『シティ・オブ・ゴッド』のフェルナンド・メイレレスがプロデュースしたブラジリアンフッドボールのドキュメンタリー映画『GINGA』が大阪でもいよいよ公開されます。動物園前シネフェスタにて6/17(土)〜23(金)の1週間限定レイトショーです。お店にチラシが置いてあります。お早めにどうぞ!
posted by 焙煎師TIPO at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | BRASIL

本が読めます!

  「いやあ、店をやってるとね本がいっぱい読めていいですよ!」

店を始めた知人の言葉です。
確かに読めます。
その気になればいっぱい読めます。
特にうちのように暇な店ならブリブリ読めます(露悪的)。

先月5月の実績を振り返ってみましょう。雑誌を除いて単行本・文庫問わず合計21冊。アヴェレージで毎日0.6冊を営業時間中に読んでいます。閉店後は基本的に本も読まず、音楽も聴きません。感性のスイッチを切ります。ということは焙煎と接客以外の営業中で読んでいるのですね。カウンター下にはいつも本が忍ばせてあり、無くなると不安で一杯になります。楽しんでいるのか追われているのか判らなくなる時がありますね。得意のオブセッション(脅迫概念)です。先月は友人のお勧めの痛い小説を一杯読み、かなり痛くなりました。確かに痛い小説もいいものです。

でも活字への飽くこと無き耽溺者としては立ち止まることは許されません。読み続けることで進み続けます。読むことは生きることです。活字中毒者の痛いところです。

ひらめきあ、いいこと思いつきました!素晴らしいアイディアです。でも皆様のささやかな協力が必要です。店主の活字への歪んだADDICTION(依存症)を止めるには……
      そう!お客様が一杯来ることです!
ひたすら雑念を抱くことなくコーヒーを淹れ続け、焙煎し続ければ冊数は間違いなく減ります。みなさん!バンバン来店して一杯注文してやって店主を苦しめてやって下さい!レイモンド・カーヴァーの小説『ささやかだけれど、役に立つこと』の表題のように!そこんとこ、よろしゅうに!

位置情報これもかなり露悪的なオチ。







posted by 焙煎師TIPO at 08:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 活字中毒