2006年06月09日

お知らせ

明日10日の土曜日に開催されるコーヒー教室(アイスコーヒー編)は順延いたします。悲しいけどエントリーがないので伸ばしますたらーっ(汗)

開催日が決まったらこのブログで広報しますね。多分、24日(土)を予定してます。
posted by 焙煎師TIPO at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | お店

ジャケガイノススメ

4-8399-2090-7.jpg

『BEAUTIFUL COVERS ジャケガイノススメ』

最近、こそこそとカウンターで楽しんでいます。読むというより眺めるですね。レコードジャケットからはいいろいろ教わりました。はい。店名の“TIPOGRAFIA”のモトネタのタイポグラフィーも最初は古いジャズのレコードのジャケットで覚えました。図版を見ながら音を想像するのが快感です。不思議と(行間ではなく)絵間から聴こえない音が感じられますよ。ほら!皆様もご一緒に耳を澄ませて下さい!
posted by 焙煎師TIPO at 11:41| Comment(0) | TrackBack(0) | musica

PANG!PANG!PANG!

気が付くと最近、米(白飯)を食っていません。日曜日以来、ひたすらパンを食い続けています。全然苦痛ではなく、むしろ快感です。こんなにもパンを食っていいのだろうかと自問自答する毎日です。重なる時は重なるのものです。月曜の定休日にパン屋を巡り、るんるんとバケットを頬張っていると、友人が芦屋の有名パン屋をお土産に、同時に宮崎の知人からクール便でダンボール一杯のパンが届きました。家中パンだらけ!幸せいっぱい!冷凍できるものは冷凍して、残りを3食パンでエンジョイしています。

宮崎の方は元の会社の同じ課の先輩です。前職はパンともコーヒーとも無関係な会社でした。その頃(20代後半)、社内での受注管理(審査)部門に属していました。営業マンの上げてきたネタ(売上ともいう)の合否を問うという部門の性格上、社内の全営業マンを敵に回したパンクな社員でした。ケッ!来るなら来やがれ!正義は我にあり!勝手に意気込み全く心を開かず、いつも四面楚歌。極めて痛い人でした。そして締め切り前にはいつも電話で営業と喧嘩が日常のアウチな日々を過ごしていました。不思議なことに当人は若さ故か真面目さ故か余りストレスを感じていなかったのですが、時々収拾のつかないポカと綻びを生じさせていました。その時にいつも尻拭いをしてくれたのが彼女です。きっとこの人には一生頭が上がらないんだろうな……と感慨に耽るほどの借りをいまでも背負い込んでいます。でも十数年の時が流れ、パン屋とコーヒー屋を開くとは露にも思ってもいませんでした。

ダンボール一杯のパンを堪能しながら、珍しく20代を思い起こしていると、偶然にも水曜日の夜、同じ会社の同期会(というより単なる飲み会です)が細々と4人で開催されました。50名以上の同期がいたバブリーな世代(平成元年入社)ですが、時が流れ最後の一人の在籍を残すのみとなりました。そして誰もいなくなるのもそんなに遠くではないかも知れません。時間というのもは儚いものですね。

そして昨夜、久しぶりに白米を食いました。これはどうでもいいことですね。
posted by 焙煎師TIPO at 10:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記