2006年04月07日

認識不足なのよ

何気にテレビを見ていていつも気になるCMがあります。ライオンのクリニカデンタルリンスです。眼が離せず、見入ってしまうんですね。この人は誰?とすごく気になっていました。あ、客観的に自己分析すると何となく気になる理由はわかります。眼鏡、スレンダー、すっきりとした細面で幸の薄そうな顔あたりですかね。

話は変わって先日観にいった映画『好きだ、』でも主人公の姉役の女優がすごく気になっていたんです。映画自体は微妙ですね。きっと監督は台詞や動きではなく、役者の醸し出す空気感をフィルムに焼き付けたい人なんでしょうけど今回は?映画は高校時代と17年後の34歳をつなげます。演じる役者が

       宮崎あおい→ 永作博美
       瑛太    → 西島秀俊

となります。これに違和感を感じるか、はまるかで評価が分かれるところでしょうね。容姿の変化は納得(我慢)しても声質(宮崎→永作)が変わりすぎ!と異物感でいまいち乗り切れず。でもきっと、監督は確信犯であえて似ていないこのキャスティングを選んだはず。そして気になったのはお姉さん!この人の薄幸な空気感が心地よかった!

本題にも戻るとクリニカとお姉さんは同一の役者でした。
ガーン!何でわからへんねん!という感じです。センサーとなる視覚などの外部情報入力感覚器およびその感度(感受性)は問題なかったはずです。どちらの対象も無意識に興味(好感)を示しているんですから!問題はOSです。それを後処理して情報分析する脳がつながってない!認識力が不足しているらしく、自分の場合はしばしばあることです。恐ろしい!これまでも知らずにいろいろなことを見過ごして人生を生きてきたのかも知れないですね。もっと素晴らしい世界にも気が付かなかっただけかも!

ちなみに彼女の名前は小山田サユリ。フィルモグラフィを見ると何度かスクリーンでお見かけしていたようですね。これも全く気が付かんかった!
posted by 焙煎師TIPO at 10:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画