2006年04月20日

COOL BLUES #2

479.jpg

  A FELICIDADE

併記される説明的翻訳はアイスカプチーノです。
グラスの冷たい牛乳にヴァニラシロップと氷を入れ、その上にエスプレッソシングルを注ぎいれ、最後にフォームドミルクの泡を載せます。白とブラウンが柔らかに混ざりハーモニーを奏で、夏の日の積乱雲のようにミルクの雲が表面を覆います。これぞ人生の至福(フェリシダーヂ)です!口に含むと甘さがいっぱいに拡がり、さりげなくコーヒーの苦味が残ります。これは癖になる甘さですよ。ネーミングはもちろんアントニオ・カルロス・ジョビンの映画『黒いオルフェ』の曲がモトネタ。最近ではUAがワインのCMでカバーしていましたね。


564.jpg


CINEMA NOVO

併記される説明的翻訳はアイスカフェモカです。
チョコレートソースとヘーゼルナッツシロップのMIXにエスプレッソシングルを加えます。これを冷たいミルクと氷の入ったグラスに落とします。ミルクとエスプレッソにチョコとヘーゼルナッツが甘く香ります。コーヒーと甘みがMIXされたSWEETなドリンクです。ネーミングはカエターノ・ヴェローゾとジルベルト・ジル『TROPICALIA 2』の曲名がモトネタです。映画好きのカエターノらしくずばり「ニューシネマ」です。

今回は映画絡みの曲ネタのネーミングを集めています。どれも単なる思いつきですが、映画と音楽には人生の多くの時間と金、手間を費やしてきたなくてはならないものです。そして時代時代を代表する新しい動きが大好きです。「アメリカンニューシネマ」「ボサノヴァ」はもちろんフランス映画の「ヌーヴェルヴァーグ」、英国音楽の「ニューウエイヴ」などなど。もちろん年齢的に無理なためリアルタイムでの流行を追ったわけではなく、過ぎ去った後の過去の遺物として出逢い、その時代時代が持つ空気感に夢中になっていました。概ね音楽でも映画でも生きている人よりもすでに死んだ人の方に価値を感じていましたね。

補足ですが今回のアイスメニューリニュアルでは甘味マークが付いています。《選べる甘味》と《甘味入り》に分かれていますので、お好みで選択くださいね。
posted by 焙煎師TIPO at 09:36| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

2006年04月19日

COOL BLUES #1

無題.bmp


新登場のアイスメニュー(COOL BLUES)を紹介していきます。
そもそも“COOL BLUES”はチャーリー・パーカーの曲名がモトネタです。最初は“COOL HAND LUKE”にしようかと考えてましたが、全く訳わからんので変更しました。ちなみにポール・ニューマン主演の映画『暴力脱獄』の原題です。

  SOUTH AMERICAN GETAWAY

併記される説明的翻訳は「アイス・アメリカーノ」となっています。♪「ブランデー、水で割ればアメリカン」というシェリル・ラッドのTMCM(ある世代以上でないと絶対知らない!)がありましたが、これもエスプレッソダブルを冷水割ったアイスコーヒーです。これが意外にいけるんですよ!すっきりとしたさわやかな苦味が楽しめます。♪「エスプレッソ、水で割ればアメリカン」というそのまんまの一品です。

モトネタは映画『明日に向かって撃て』のサウンドトラックの1曲です。作曲はもちろんバート・バカラックで♪ダバダバのスキャットで有名!南米へと逃亡していく主人公たち(ポール・ニューマンとロバート・レッドフォードそしてキャサリン・ロス)の旅路に流れる曲です。昔から大好きだったね!いまでもこの曲を聴くといろいろ思い出しメランコリーいっぱいになります。「アメリカン」と聞いて、最初に思い出しました。ただそれだけです。何と浅はかな!でもTIPOGRAFIAのネーミングは概ねこんな感じです。
posted by 焙煎師TIPO at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

BRASIL ニューフェイス

BRSILセラード珈琲のニュークロップ(新豆)が本日デビューです!
2005 CUP OF PREGRESSIVE CERRADO(なんんじゃそれ?という人のために。収穫時に開催される新豆品評会です)のナチュラル部門第2位アララス農園です。

生産者はヴァルデマル・ボビィ氏。俳優のハリー・ディーンスタントンを太らせた感じでヒロインの頑固な父役とかが似合いそうな容貌ですね。アララス農園では完熟させたコーヒーの実を100%自然乾燥で丁寧に仕上げています。品種はムンドノーヴォ。焙煎してみると苦味も酸味も強くは主張せず渾然一体のなったヌケのいい味わいです。どなたでも気軽に楽しめるすごく飲みやすい液体です。ということでいつもの勝手にネーミングは………

       ボビィのムンドノーヴォ

今回は比較的そのまんまですね。ヒネリが足らないか?ということで本日より豆売り、喫茶で提供しますね。どうぞお試し下さい。

いつも新しい豆を焙煎するときはドキドキします。特にニュークロップの場合はすごく緊張感が高まります。実はコーヒー豆の焙煎はいつも同じレシピではありません。豆状態によって、温度・湿度によって、投入量によって毎回方法を変えます。その豆に最も適切な方法を毎回経験的に選択します。そのためファーストコンタクトはすごく緊張するものです。お互い猫をかぶってますので「これでどや!」という腹の探りあいです。最初からうまくいくときもあればコミュニケーションブレイクダウンで完敗の時もあります。この緊張感がたまらないのです。反対に定番の「ワタナベさんのコーヒー」なんかはお互い気心が知れていますので

  「ナベさん!そのへん適当にまかせますわ!」
  「おいおい、最近ちょっと緊張感がないんちゃうか?」
  「そうすかね。でもナベさんと僕の仲やないですか!」
  「しゃーないなー。まあええけど」

とあうんの会話で焙煎は進みます。これはこれで馴れ合いの掛け合いを楽しめます。焙煎とは実に奥深く、本当に面白いものです。
posted by 焙煎師TIPO at 10:48| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

2006年04月18日

墓参り

_944999_morrison150.jpg

個人的な報告です。昨日、服部緑地の墓地に行ってまいりました。
TIPOGRAFIA改装前、ここはオーダーメイド婦人服のデザイナーのアトリエ兼住居でした。古くからの父の友人で幼い頃から家族ぐるみでの付き合いがあり、幼い頃に正月にみんなで鍋をつついた記憶があります。屋号は“CORO”でお店のSWEETS“TIPOCORO”のネーミングのモトネタです。数年前、オーナーであった女性お二人が相次いでお亡くなりになり、それ以来は空き家となっていたこの物件を店舗へと改装いたしました。そして昨日は命日にでした。

基本的に宗教の類とは無縁の人生です。でも徹底した無神論者というわけではなく、八百万の神をちょいちょいかじる程度で基本的には信仰には関心が薄い人間です。でも亡くなった人へ素直に手を合わせることだけは忘れないようにしてます。信仰心ではなく、素直に恩義に対する借りみたいなもんでしょうか?もっといえばその人のことをこれからも忘れないためには大切なことです。ともすれば流されがちな毎日の中ですが、自分が現在ココで店を開店できたことに対して素直に感謝しなければなりません。

写真は全く関係のないパリ、ペール・ラシェーズのジム・モリソンの墓です。10年位前、クリスマス前にフランスへ旅行した時に訪れました。ジム・モリソン、アンディ・ウォホール、ポール・ウェラーは20代初めに崇拝していたPOPアイコンです。ココは青さに決着をつける意味合いでも訪れなければならなかった場所です。この墓地にはショパンもイブ・モンタンもピアフも眠っています。恐ろしく寒い朝、メトロを乗り継いで人気のない墓地を探し回った記憶があります。ジム・モリソンの墓自体の記憶よりも、肌を突き刺す寒さの方が鮮明に覚えています。人間の記憶とはなんとも曖昧なもんですね。




posted by 焙煎師TIPO at 12:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年04月17日

Nobreza

06031314.jpg

Jussara Silveira & Luiz Brasil『Nobreza』

最近のお気に入り!エゴン・シーレの様なイラストにそそられたジャケット買いのパターンです。アコースティックギターと女性ボーカルのみの極めてストイックな編成でカエターノ・ヴェローゾ、モラエス・モレイラ、カルリーニョス・ブラウンなどの曲を取り上げています。ギターと声というスカスカの音なんだけど聴けば聴くほど気持ちは拡がります。なぜなんでしょうね?こういうアルバムが素で発売されるブラジルは本当にギター王国です。みんな集まれば気軽にギターを手に唄うのでしょうね。早速、先日の“MUSIKAFFEE #0002”にも選曲しました。
posted by 焙煎師TIPO at 18:31| Comment(3) | TrackBack(0) | musica

2006年04月16日

MUSIKAFFEE #0002

コーヒーにぴったりの音楽を探す旅第2弾
今回は夜のコーヒーです。食事を終え、AFTERHOURSなゆったりとした時間……。自分のためにいつもより少しだけ丁寧にコーヒーを点て、隠しておいたビターチョコレートをあわせます。そんな時に聴く音楽です。タイトルは……

         『FAKE BAROQUE』

@MJQ“PRECIOUS JOY”『BLUES ON BACH』
ABAROQUE JAZZ TRIO“LARGO”『BJT』
BJUSSARA SILVEIRA E LUIS BRASIL
 “BAIAO DE QUATRO TOQUES”『NOBREZA』
CMORRIS NANTON
“FLY ME TO THE MOON”『SOUL FINAGERS』
DANTONIO CARLOS JOBIM
“MEU AMIGO RADAMES”『ANTONIO BRASILEIRO』
EPETER BEETS
“PRELUDE IN E MINOR”『PAGE 3』
FCORO DI BAMBINI“LA MARCIA DEI FIORI”
『LA VITA,AMIGO,E'LA'ARTE DELL'INCONTRO』
GEUGEN CICERO
 “BACH'S SOFTLY SUMRISE”『ROKOKO-JAZZ』
HEUGEN CICERO“UND BACH ?”『IN TOWN』
IEDU LOBO/MILTON NASCIMENTO
“OREMUS”『EDU LOBO』


どこがバロックやねん!という突込み所が一杯の選曲ですね。だってバッハの次にショパンやジョビンが素でつながれています。あくまでも主観的なバロック的パチモンでした。“曲名”『収録アルバム』となってます。

posted by 焙煎師TIPO at 09:31| Comment(0) | TrackBack(0) | musica

8 HOURS

おいしい冷コーへの途、MISSION“Agua de Beber”は継続中です。

冷蔵庫での簡易テイスティングでの合格を経て、ウォタードリップ本体で8時間かけて抽出を行いました。イラチな店主としては無限とも思える時間です。そういえば『果てしなき時間の流れの果てに』という小説がありましたね。結果は合格!いいねぇ!柔らかい苦味とすっきりとしたヌケのいい液体と香りも良好!アイスコーヒー嫌いの店主が言うから間違いありません。あ、大嫌いです。夏でもHOTを汗を流しながら素に飲んでいる変わり者です。

ということで、近日中のデビューに向けてさらなる微調整を進めます。
posted by 焙煎師TIPO at 09:02| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

2006年04月15日

SUNNY

sun01g.jpg

ドイツのマニアックなコンピレーションで最初から最後まで全部

           “SUNNY”

です。オリジナルBOBBY HEBBを皮切りに総勢16名のカバーを集めています。選曲者はほんとにこの曲が好きだったんでしょうね。調子に乗って続編も出ました。さらにこのレーベルは全部丸ごと
“LIGHT MY FIRE”“TAKE FIVE”“FEVER”“SUMMERTIME”
とズリズリとシリーズ化しています。
対するに日本にも
“SUMMERTIME”そして“AUTMUN LEAVES”“STRADUST”“MISTY”
などの全部丸ごとコンピが発売されています。多分こんなコンピレーションを発売するのは日本人とドイツ人だけでしょうね。マニア気質が似ているのでしょうか?

個人的にはJAZZでもBRASILでもベタ過ぎる有名曲のカバーが大好きな人ですので、重宝する粋な一品です!でも世の中の程ほどに音楽が好きな人はなんじゃこれは!と呆れるでしょう。まあ、60分にわたって同じ曲を聴かされるのですから、神経を逆なでする拷問のようなもんでしょ。反復する同一リズムやメロディの継続はトランス状態に陥らせ、ともすれば現実乖離を引き起こし、神経が病みます(嘘)。

ディスク選びの大きなポイントにカバー曲があります。例えば、JAZZなら“AUTUMN LEAVES”“FLY ME TO THE MOON”あたり。ブラジル音楽なら極めつけの“TRISTEZA”ですね。これが入っているアルバムは即買ですね。純粋に曲がたまらなく好きなのですが、アレンジや解釈、さらには原曲の壊し方を楽しむのがいとおかし!そのうちTRISTEZAフェチが最初から最初まで丸ごとコンピを発売するかも知れませんね。

今日も雨。独りの雨の店内は気がめいります!早くSUNNYを!

posted by 焙煎師TIPO at 14:26| Comment(0) | TrackBack(0) | musica

鯉のぼり

P1000716.JPG

NEW《山崎直》の新作です。こどもの日に向けて鯉のぼりです。すべてハンドメイドで形が異なります。鯉は1匹ずつ取り外し可能ですので収納時には便利です。3点限定品で店内にて3600円にて販売中です。

あ、TIPOGRAFIAはコーヒー屋です。このブログを初めて見た人のために補足しておきますとすべて店主父のハンドメイドの置物です。
posted by 焙煎師TIPO at 12:32| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

2006年04月14日

整列!

P1000714.JPG

ひらめき近日中に水出しアイスコーヒー以外のアイスメニューも全面刷新します。助っ人が今日届きました。こいつら全員甘ちゃん(一般的にはシロップと言う)揃いですわ。冷たいカプチーノも考案中です。こちらもお楽しみに!
posted by 焙煎師TIPO at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

MISSION“Agua de Beber”

ついにMISSION“Agua de Beber”が始動いたしました。
♪メラ!メラメラ!焙煎機SOLはTIPOGRFIAで一番の働き者です。

P1000709.JPG

水出しのおいしいアイスコーヒーのための習作が始まりました。試作品としてフレンチローストのマンデリンとブラジルにフルシティローストのモカを焙煎いたしました。

P1000712.JPG

TIPOGRAFIAには珍しいギロギロの深煎りです。微妙に3種類ともロースト度合いを煎りわけております。現在、ブレンドしてポットに粉と水を入れて浸漬法で抽出中!明日にテイスティングをしますね。
しかしなぜ水出しコーヒーは「ダッチコーヒー」というのでしょうね。オランダで開発されたのか?それとも「ダッチワイフ」と同じ蔑称なのか?

P1000713.JPG

そしてこれがウォターコーヒードリッパー本体です。先程届きました。東京からの長旅、ご苦労様です。おいでやす。まあ、今日はゆっくりしたおくれやす。明日からはぶりぶり働いてもらうさかいに。あ、写真は傾いていますが(なぜか回転不可能?)首を左に曲げておくれやす。

posted by 焙煎師TIPO at 13:05| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

2006年04月13日

お知らせ〜日曜日のイベント〜

4月30日の店内イベントのお知らせです。

喫茶店『家で楽しむコーヒーの秘訣』教室(第4回)

今回は日曜日の昼下がりをコーヒーと一緒に楽しめます。気まぐれで店主の従妹がお茶菓子としてSWEETSを用意いたします。ゆるゆると一緒にコーヒーを淹れながらくつろぎましょう。決してハードコアな技術講座でないので安心して参加できます。当日は複数の豆を淹れ比べ&飲み比べが可能でさらにその日にあわせてとっておきのブラジルの新豆を焙煎しておきます。

時間;13:00〜15:00
講師;TIPIOGRAFIA店主 山崎雄康
内容;@コーヒーの楽しむコツ講義
   Aコーノ式円錐フィルターでの抽出実技
   BSWEETSと一緒にコーヒーにまつわるお話いろいろ
参加費;2000円(コーヒー&気まぐれSWEETS付き)

喫茶店『コーヒーにあうSWEETS』研究会(第2回)

こちらはもっとゆるゆるです。研究といいながら、コーヒーを飲みながらSWEETSを味わい、お互いに評価するだけです。講師もいません。今回のテーマはチョコレートです。チョコレートに合うコーヒーは?コーヒーに合うチョコレートは?当日はいろいろなチョコレートをひたすら味わいます。ちなみに前回はプリン13種類に挑戦しました。もし甘いものがお好きな方はこちらもどうぞ!

時間;15:00〜17:00
内容;コーヒーに合うチョコレート食べ尽くし
参加費;1500円(コーヒー付き)

共に会場はTIPOGRAFIAとなります。もちろん入れ替え制ですので、どちらか一方のご参加でも大丈夫です。ご参加希望の方は

  電話(06)6849−6688
  メールtipografia@zeus.eonet.ne.jp

までご連絡下さい。精算は当日で結構です。

posted by 焙煎師TIPO at 10:44| Comment(0) | TrackBack(0) | お店

2006年04月12日

喫茶店の日

明日4月13日は「喫茶店の日」です。
1888年(明治21年)に東京上野に日本初の喫茶店「可否茶館」が開店したということで「喫茶店の日」だそうです。全然知らかった。この前、新聞の百貨店の催し物の案内広告で知りました。

ということで明日はTIPOGRAFIAもささかやかながら記念日をお祝いいたします。4月13日は

     ポイントカード☆ダブルポイントDAY

といたします。500円毎に2ポイント捺印しますので忘れずに提示してくださいね。ちなみに10ポイント貯めるとお好きなドリンクを、20ポイント貯めると200gのコーヒー豆をサービスいたします。

ちなみに4月13日は宮本武蔵と佐々木小次郎の巌流島での決闘の日でもあります。これはコーヒーと全く関係ないですね。
posted by 焙煎師TIPO at 10:51| Comment(0) | TrackBack(0) | お店

両親の作品

P1000707.JPG

《山崎直》の刻印を持つ木工細工の新作が届きました。今回は麒麟です。カフェスペース背面の飾り棚に置きました。原木の動きを利用した見事な細工ですね。店内の他の動物はもちろん、表の吊り看板、A型の立て看板、トイレ案内などすべてお手製です。我が父ながら本当に器用な人だ。

P1000708.JPG

ついでに母の作品です。TIPOGRAFIAのHPが先日公開されましたが、 コレは母のパソコン教室の課題です。ははは、正規サイトではないのでこれは非合法な海賊サイトですね!いやあ、がんばってつくっていますね。私にはとうていできません。

この年になっていまさらですが、TIPOGRAFIAは両親の愛に支えられています。あらためて感謝いたします。
posted by 焙煎師TIPO at 09:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年04月11日

極めて不思議な昨夜の夢を思い出しました。

ジョアン・ジルベルトがコンサートリハーサルをその辺の事務所でやっていました。チャンチャンコが似合いそうな好々爺だったジョアンはギターを抱えて弾いていました。すると突然黒い虫の大群が襲ってきました。まるで手塚治虫『ミクロマン』の原作のような襲撃です。空を真っ黒とした虫が覆います。大混乱に陥った人々はあるものは建物の中へ、あるものは外へと逃げ惑います。逃げた先がなぜかボリビア。そしてボリビアを線路沿いに逃げているとそこは阪急茨木と繋がっていました。電車が不通のためそこから歩いて何とか実家へと戻ると、そこはファシズムに支配されており、捕らえれ収容所に入れられてしまします。

ここで朝を迎えました。寝覚めが悪くしばらく動けませんでした。この夢はいったい何なんでしょう?
posted by 焙煎師TIPO at 17:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

予告

0246.jpg

近日中にTIPOGRAFIAに養子に来る予定の水出しクンです。夏季限定のうまいアイスコーヒー提供の特命で呼ばれました。すっきりとしたクリアーな“冷コー”を出せるよう、あわせてオリジナルブレンドを開発いたします。デビューまでもう少しお待ち下さい。思いつきの商品名は

“Agua de Beber”

です。そのまんまやんけ!
posted by 焙煎師TIPO at 13:39| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

円錐フィルター

P1000697.JPG

TIPOGRAFIAのメニュー“Cafe Japones ”は珈琲サイフォン社製円錐フィルターにて一杯ずつ抽出しております。ペーパーフィルターで最もおいしくコーヒーを淹れられる器具であり、日本独自の理論に基づいた唯一の器具です。

思えば2年前のことです。店主は円錐フィルターを知らずに堂々とコーノ式珈琲塾の門を叩きました。概して無知と無謀は同義です。そして飲んだ河野雅信氏の円錐フィルターで淹れたブレンドコーヒーの味に衝撃を受けました。これがこれまでの人生での最良のコーヒーに他なりません。それ以降コーノ式に師事して、可能な限り個人的主観によるバイアスをかけることなくこの味わいを再現して提供すべく努力いたしました。現在も同じ気持ちです。この味わいを大阪で提供したい!これが店主の唯一絶対の希望です。

P1000700.JPG

円錐フィルターは珈琲サイフォンの先代社長(現会長職)の河野敏夫氏によって開発されました。理想とする味わいを抽出するため、コーヒーを研究してつくった器具です。「はじめに言葉ありき」は旧約聖書です。「はじめに味わいありき」器具は他に類を見ないものです。多くのコーヒー器具は旧来の器具のコピーであったり、単なるデザイン優先であったりします。理想とする味わいを実現するための形状を考案しました。本物の器具には機能的な必然性があります。円錐フィルターはその形状(大きさや角度、)や材質はもちろんリブ(内側に切られている突起)の高さに至るまですべて必然から決定されたものです。コーヒー器具以外でも工業製品として良い道具(器具)の条件は

 @何よりも機能的である
 A目的を達成するために必要な形状をしている
 B自然の力(重力・水圧など)を用途のために利用している
 C無名性(アノニマス)
  

デザインのためのデザインでなく、デザイナーの顔(名前)より機能のために考案された必然性がある形状こそが本当に“良い道具”です。まさしくコーノ式円錐フィルターは全てを満たします。そして良い道具には必ず物語があります。この器具にどんな誕生の秘話があったのか、興味は尽きません。店主自身、こんなにも素敵な道具に出会えて本当によかったと思っております。写真のように毎日の酷使に耐え、茶ばみ、ひび割れた姿さえ愛しい道具です!
posted by 焙煎師TIPO at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

2006年04月10日

トーストをはじめます

P1000705.JPG

トースターを買いました。ということで明日からトーストをはじめます。コーヒーにはおいしいパンがピッタリ!少しだけ小腹が空いた時は一緒にどうぞ!食パンはTIPOGRAFIAがお気に入りのベーカリーより仕入れます。外出時においしいパン屋さんを探し調達してきますので、毎週気まぐれで変わります。今回は豊中桜塚の人気店【 MELK メルク 】です。どうぞお楽しみ下さい。

       トースト(ジャムとバター付)150円 

駐車場駐車場も完成しました。もうご利用いただけますよ。
ということでお車で来店され、1000円以上ご飲食・お買い上げ頂きました方には精算時に駐車券をレジにて提示下さい。100円(30分相当)をOFFさせていただきます。ほんの気持ちだけですが、お気軽にドライブがてらにコーヒーを楽しめます。駐禁キップを気にせずゆるゆるできますよ。黒ハート
posted by 焙煎師TIPO at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | お店

2006年04月09日

木工細工の動物

TIPOGRAFIA店内の名物ともいえる木工細工の動物たちを販売いたします。実はすべて店主の父の手作りの作品。すべて手作業で木を組み立て作製した一点ものです。今回、度々のお客様からのお問い合わせに応えて、新たに数点を製作してお分けすることになりました。あ、あくまでもうちはコーヒー屋ですからこれで儲けようなんて考えてませんよ!材料代実費ということで。決して押し売りしませんので、気に入った方はどうぞ!まずは鹿(名前はまだない)。静けさの中に躍動感のある素晴らしい丸太鹿です。これは1万2000円の1点限定。

P1000704.JPG

次は箱鹿(胴体部分の箱には小物やポプリなどがぴったり)。大小の2タイプあります。大は4300円(3匹)、小は3300円(4匹)の限定です。

P1000703.JPG

P1000702.JPG

TIPOGRAFIAが店舗にて代行販売しており、全員店内で引き取り先を待っております。めんどうを見ていただける方がおればお気軽にどうぞ!犬
posted by 焙煎師TIPO at 17:46| Comment(0) | TrackBack(0) | お店

駐車場完成間近

P1000696.JPG

TIPOGRAFI専用の100円パーキング(嘘)が完成間近です。看板ができました。完成のあかつきには駐禁を気にせずお店でコーヒーが楽しめます。画像はちゃんと読めますか?昼間は30分100円です。
posted by 焙煎師TIPO at 09:27| Comment(0) | TrackBack(0) | お店