2006年03月28日

思い出の味(続報)

P1000675.JPG

昨日のお好み焼き屋は法善寺横町の「三平」というお店です。思い出の中で幻と化したスジキムチライスをトッピングしたお好み焼きを楽しみました。ああ、こんな味だったんだ!と幻を壊さない程度においしかったですね。人は思い出の味にあえて対峙するか否かの2つに分かれますね。夢を壊したくないのであえて避ける場合もあります。現実はどうしても幻(イリュージョン)には勝てませんからね。なんでお好み焼きにライスやねんという突っ込みもありますが、これがやはり絶品です。一度挑戦してみてください。

東京本駒込の「八百コーヒー店」の店主夫妻です。2人はコーノ式珈琲塾の同窓で昨年5月にカフェを開店した大先輩です。結構目指すところ、そして日々の悩みどころは似通っていて、お2人の話は大変参考になります。ゆるゆる店舗運営の影の師匠です。遠くからの来店感謝感激!都営三田線千石駅真上ですので東京周辺の方々はぜひ行ってみて下さい。陽だまりのなかでたっぷりと本が読めるいいお店です。
posted by 焙煎師TIPO at 12:32| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記