2006年03月01日

Meets Regional

本日発売の情報誌「Meets Regional」4月号にTIPOGRAFIAが紹介されております。巻末の“NEW ARRIVAL”という新店紹介のコーナーです。感謝!
              本
「Meets」とは十数年来の付き合いです。毎月1日には必ず買いに走ります。(最近は走らなくても近所の昌文堂書店さんが持ってきてくれます。偉くなったものだ。これも感謝!)東京滞在中も確実に手に入れるため近所の本屋に予約していた程です。情報の選択の感覚が合うのでしょうかね?そういえば遥か昔に一度誌面に登場したこともあります。当時、巷でJAZZで踊ることが流行っており、それ系のクラブイベントで取材され、小さく誌面に載りました。ちょうどバブル終焉の頃でしょうか?そういえばあの頃はまだ20代だったですね。中身は変わっていないのにパッケージ(外観・年齢)は……。エントロピーは死に向かってひたすら増え続けていきます。ああ恐ろしい!
マッキントッシュ&JBLは「Meets」の得意フレーズです。どちらかといえば、誌面で長年連呼されたため刷り込まれ、実際買っちゃったようなもんですわ。大してオーディオに興味の無い人間がひよこが初めて見た動くものを親と思い込むかのごとくしっかり洗脳されました(笑)。そんな縁なので開店後、真っ先にプレスシートをお送りいたしました。何でもやってみるものですね。
posted by 焙煎師TIPO at 10:13| Comment(1) | TrackBack(0) | お店