2006年02月14日

コーノ式珈琲塾3月開講

いよいよ大阪でもコーノ式珈琲塾が開講されます。珈琲サイフォン株式会社の代表取締役社長でありコーノ式珈琲塾の塾長である河野雅信氏が大阪で気張ります!そう、店主TIPOの偉大すぎる師匠です。従来東京のみでしたが、今回チッポグラフィアの店舗を使って関西でも定期開講いたします。コーヒーおよび業界に関するの基礎知識はもちろん、円錐フィルター、サイフォンなど独自で開発した抽出器具の極意から、必殺コーノ式焙煎術までを学べます。大阪ではその基礎編を隔月で開講!カフェ好き、コーヒーマニアから独立開業希望の方まで、幅広く募ります。

 ○コーノ式珈琲塾 初級コース
   ※詳細の語義内容は上記リンクの珈琲サイフォンのHPを参照
 ○開催日;3月11日(土)10:30〜17:30
        12日(日)10:30〜17:00 
 ○受講料;30000円 
    講習費27,000円(事前振込)
    +設備利用料1回3,000円(当日払い) 
    
我らが塾長はコテコテの江戸弁を駆使し、関西では絶対出逢えない魅力的な人物です。一度はまると人生が変わりますよ! 
詳しくは、コーノ式珈琲塾事務局 
         TEL 0466-80-5451 
         FAX 0466-80-5452
または店舗チッポグラフィア(06-6849-6688) までどうぞ!
posted by 焙煎師TIPO at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

汝のコーヒーに祝福あれ SARAVA

この町で商売を始めて2ヶ月が経ちました。どうやら、浅めのあっさりした飲み易いコーヒーが好みのようです。「アメリカン(もちろんメニューには無いです)」の根強い人気には驚かされています。概して自家焙煎店は深めの焙煎度合いを好みますが、チッポグラフィアでは一応、色にあわせて3段階をほぼ均等に焙煎しております。でも圧倒的に浅めから中程度の焙煎度合が売れております。今後はもっといろんな味わいを楽しんでいただけるよう商品を強化いたします。
さて、春に向けて、定番の深煎りブレンド「SARAVA」を少しだけリニュアルいたしました。
ネーミングの「サラヴァ」はブラジル音楽では超定番曲で、アフリカの言葉で「祝福」の意。フランスでは“saravahとしてピーエル・バルーの同名のレーベルが有名です。“祝福のサンバ samba da bencao”の曲名でブラジルはもちろん、フランスでも多くのカバーがあります。
チッポグラフィアでは、ブラジルがもうひとつのルーツであるアフリカに出逢うというコンセプトから名付け、ブラジルをベースにタンザニア(キリマンジャロ)とケニアのアフリカをREMIXしております。今回、焙煎方法を変え、少しだけ優しく飲みやすく浅めに煎り上げました。すっきりとした苦味が拡がり、ミルクや砂糖を入れても負けないコクがあります。ぜひ、一度お試し下さい。

ちなみに、セルジオ・メンデスのニューアルバム『TIMELESS』でも、“samba of the blessing”でカバーされていますよ。
posted by 焙煎師TIPO at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー