2006年02月02日

ブラジル入国審査

P1000541.JPG

やっと雨もあがりました。でも太陽は時々姿を現しているのみです。

P1000543.JPG

ブラジル音楽への入国審査はゆるゆるです。参入障壁は低く、でも一度はまると泥沼のように深く広い世界が待ち受けております。
TIPOの場合、ジャズ経由で入国いたしました。厳密に言うとイギリス(スタイルカウンシル)発でジャズでトランジットしてブラジル入国いたしました。でも入国後も、すぐに上陸せずに周辺をうろうろしていました。この音楽遍歴のニュアンスわかりますか?そうです。世界各地に存在するインチキブラジル音楽が大好きでした。ブラジル人以外によるブラジル音楽のフェイクですね。これが結構奥深いのです。アメリカはもちろん、フランス、イタリア、スゥエーデン、ウルグアイ、アルゼンチン……。レコード屋によっては「BRAZIL FROM OTHER COUNTRY」というコーナーがあります。参入障壁の低さを証明しております。いかにボサノヴァがサンバが世界中の音楽家に愛されていることか!定番の曲もオリジナル以前にカバーばかり!かなりの期間、このあたりを彷徨い、ブラジル本国入国いたしました。いやあ本当に広い国です。リズムの多彩さは他国の類をみません。月並みにボサノヴァからはまりましたが、サンバやショーロ、MPBへと拡がりました。当分出国許可は出そうもありません。大阪にいても心はブラジル音楽へ飛んだままです。行きたいなあ!
写真はブラジル音楽入門の頃(大学生の頃)に買ったレコードです。ジャケットがスタイルカウンシルの12インチと同じデザイナーです。後日、『ゲッツ・ジルベルト』のアルバムで「イパネマの娘」を聴いた時にジョアン・ジルベルトのファーストヴァースの唄を聴き、あれアストラ・ジルベルトって男なの?と悲惨なことを考えていました。何とも恐ろしい過去です。全ての過去は恥ずかしすぎる!
posted by 焙煎師TIPO at 13:40| Comment(0) | TrackBack(0) | BRASIL

チョコレートスペシャル

P1000550.JPG

2月限定でexpresso 2222 チョコレートスペシャルを販売いたします。カップに入れたハーシーズチョコレートシロップの上にあったかエスプレッソを抽出。スプーンで混ぜるとチョコ甘みとエスプレッソと苦味がひとつとなりほのかな甘みが楽しめます。思いつきで試したんですが、結構これがいけるのです。ぜひ一度お試し下さい。定番エスプレッソ同様におかわり一杯付きなのでゆったりと楽しめて420円也!お奨めです。
posted by 焙煎師TIPO at 11:29| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー