2006年01月28日

活字中毒

活字が好きです。中毒といってもいいでしょう。実家においてきた大量の雑誌と本に関する両親からの苦情が絶えません。引越し時にある程度(500冊位)はブックオフで処分してきたのですが、とうてい焼け石に水かな。
活字モノなしに電車に乗るのは不安になります。何もすることがない孤独感に迫られます。これはある種のオブセッション(脅迫概念)でしょうね。
定期的に購読している雑誌も数多く。ゆるゆると眺めているのが好きです。PEN、MEETS、スタジオボイス、リラックス、レコードコレクターズ、スイングジャーナル、ブルータス、FUDGE、カフェ・スイーツ、カット、KU:NEL、Lマガジン……。プラス不定期購読が数冊、減らしてもまだこれだけありますね。ちなみにお店でも読めます。
現在「トロピカーリア」という60年代のブラジルのムーブメントに関する
本を読んでいます。もちろんチッポグラフィアのブレンド「トロピカリア」のモトネタです。これはブラジル学の勉強になります。

なかなか本屋に行けないため、雑誌は定期購読もしくは配達してもらっています。お世話になっているのは店の近くの昌文堂書店です。お店の方のブログ『the pianoman cafe』です。今度お店で演奏会を開いて下さいな!大歓迎ですよ。
posted by 焙煎師TIPO at 10:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記