2006年01月16日

タイトルの力

前項の「土曜の夜と日曜日の朝」はまさにタイトル勝ちといった感じです。小説や映画のタイトルの力は侮れません。時として内容を超えて、タイトルがコピーとなって一人歩きします。言葉の持つ響きがイメージを喚起させます。

例えばSF作家ハーラン・エスリンの「世界の中心で愛を叫んだけもの」。これは原題直訳です。実際、読んでも難解すぎて頭に染み入ってこない短編ですが、完全にタイトルが一人歩き(近似タイトルの小説・映画といいい制御不能な暴走状態ともいいますが)してますね。エリス・レジーナに「愛することの不安は自由になることの不安」という曲があります。これも対訳を読んでもいまいちピンと来ないのですが、レイモンド・カーヴァーならこのタイトルで人生の一場面の自然に切り取った短編が書けそうです。昔の映画のタイトルにも独自の情感(そして節操)がありました。現在は原題ままとかインチキ英語タイトルが氾濫してますよ。ゴダールの映画なんて内容よりもそのタイトルで思わず殴打されます。「彼女について私が知っている二、三の事柄」「はなればなれに」「勝手にしやがれ」などなど、いつも流用(サンプリング)され続けてきました。

言葉の力を心から敬愛(言葉フェチともいいますが)するからこそ、TIPOGRAFIAの商品名にはこだわります。コーヒーを買っていただいた方がいつかその味を忘れても、言葉によって伝え続けられ、記憶の奥深くに刻まれ、ストーリーが残る。そんな商品でありたいのです。
posted by 焙煎師TIPO at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

土曜の夜と日曜の朝

前回の営業時間に関する続編です。
タイトルは英国の作家アラン・シリトーの小説です。大学生の時に確か読んだ記憶はあるのですが、内容は全く覚えておらず、タイトルのインパクトだけが残ってます。これはTIPOGRAFIAの営業時間に関するひとつの方向性を示しています。
           ひらめき
月曜日から金曜日までせわしなく働く。平日にてんぱってしまった人生を週末にはすこしだけ緩める。そう、次の1週間のために!例えば………。
           ひらめき
土曜は昼過ぎまで布団の中でごろごろ。遅めの食事を済ませ至福の午後を過ごす。夜、食事の後、行きつけのカフェへと出かける。土曜の夜限定のSWEETSとSWEETな音楽を聴きながら深夜まで過ごす。途切れなく無駄話を紡ぎ、あえて何もしないまったりとした“SWEETS SOUL REVIEW”。そう、土曜の夜は魂(SOUL)の洗濯の日!
           ひらめき
昨日は朝寝坊で朝食は昼と兼用だったし、日曜日くらいしっかりと朝ごはんを食べたい!少し早起きして行きつけのカフェへと出かける。日曜日の朝限定のモーニングが目当て。焼きたてのパンと淹れたてのコーヒーを楽しむ。
シンプルだけど、心に染み入る時。ゆったりと過ごして店を出る頃にはなぜか元気が出たよ!天気もいいことだし、ちょっと散歩でもしてみようかな?気が付くと見慣れた町並が新鮮に思える。日曜日の朝は元気充電の日!
           ひらめき
いかがですか?こんな店が近くに欲しくありませんか?生活につかず離れずのゆるい憩いの場(店)が欲しくありませんか?
最近、真剣に土曜の深夜営業と日曜日の早朝営業を考えております。最も両立はかなりきつそうですが…。週末を終えるとへろへろに白い灰の様に燃え尽きそうですね。何とか実現したいものです。
           ひらめき
あなたはいつ店が開いていて欲しいですが?どんな時に店へ行きたいですか?
posted by 焙煎師TIPO at 11:21| Comment(0) | TrackBack(0) | お店